味覚オンチの人間が牛丼を食べ比べるとどうなるか検証してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

images-1

なに!?牛丼を超えた牛丼だと!?

おいおい、牛丼を超えた牛丼ってどんなだよ!?

”超”ってことは、かなりすごいんだぞ?わかってて言ってるのか?ホントにわかってていってるのか?

”超”ってことはこういうことだぞ!?

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-5

こんなに大々的に言ってしまっていいのか?期待値大だよ?

(って、すでにタイムリーな時期を逃してしまったことにマジでへこむ。やっとリリースできました)

あの、回転寿司で有名なチェーン店、”びっくらポン”でおなじみの”くら寿司”が満を持して投入した、”牛丼を超える牛丼”

くら寿司のホームページは こちら から。

そんな謳い文句を聞いた日にゃ、牛丼フリークの僕としては喰い下がれない。

早速、調査してみました。

すでに”牛丼を超えた牛丼”のレビューははびこっていた…

出足を勝手に挫いてしまったヴォク(僕)は、とりあえずレビューをあさってみることにした。

【大激怒】くら寿司の牛丼は本当に牛丼を超えているのか? 吉野家・松屋・すき家と食べ比べてみた → 吉野家に謝れッ!!

昨日のニュースをいち早くお届けしちゃうことで有名な「ROCKET NEWS」さんは大激怒しております。(わなわな)

”吉野家が1番美味しい”という結論に至ったようです。

くら寿司の牛丼を超えた牛丼を食べてみたので感想でも書いてみる

CHICACOLABOさんのブログでのレビューです。

魚介だしの香りは感じなかったようです。あと、牛肉のスジが多かったようです。なによりも”牛丼を超えた牛丼”というハードルの高さから、「こんなもんか…」という結論を導き出しちゃったようですね。

牛丼自体は”甘口”みたいですが、レビューは”辛口”。中和されてちょうどいいね!

くら寿司の牛丼レビュー。これは確かに牛丼を超えている!・・・かもしれない!

ブログが書けたよ!さんのブログでのレビューです。

あら、なんか優しい感じの書き出しね。

やっぱり”甘口”っていうところが際立ちますね。吉野家の牛丼をイメージしているからか、甘さが気になっちゃうんでしょうね。吉野家は、しっかりした味付けですからね。ピリッとしてる感じの。

まぁ、悪くない評価ですね。

くら寿司さん、大成功じゃないっすか!!

”牛丼を超えた牛丼”っていうキャッチーなコピー、大成功じゃないっすか!

良くも悪くも、みんな食いついてくれている。そして、そのレビュー見て、「俺も行ってみようかな」って思ってくれる人がいる。

ま、まさか…。みんなくら寿司から金銭の授受が…。ステマ…。そんなわけないでしょ!ってね。

で、ここまでレビューを追いかけたわけですが、レビュー見ても味わかりません、僕は。自分で食べてみて、感想言いたいんだ僕は。

わかんないのはいやだ

ってことで、食べくらべてみるよ。味オンチの僕が。もちろん、持ち帰りなんてしないよ。お店で出来たてホヤホヤ、アツアツの牛丼をいただくよ!

吉野家の牛丼は…

kimg0146

さぁ、まずは”牛丼の帝王”吉野家からだ!

ん?なんだって?そばがついてるって?

つけるでしょ、そば。外、寒いし。あったかいそば食べるでしょ。味噌汁だってお金かかるしさ、だったらいっそのことそばいくでしょ。

そばは、牛丼と一緒にバランス良く食べてると、気づいたら麺伸びてます。うん、そりゃそうだよね。そばの味は、その辺のそば屋の味と一緒です。箱根そばとか富士そばとか。うん、一緒。

吉野家の牛丼って、個人的な感想だけど、味が締まってる感じがする。ぶれてない。あと、ちょっとタレが辛め。ピリッとしてていいね。玉ねぎもシャキシャキ感が残ってて食べ応えがあるんだよね。これ、牛丼を食べる上で重要。シャキシャキ感大好き。紅ショウガは水々しくて、ってか水々しすぎて、ちょっと苦手。あと、なんか濃い。味が濃い。体に良くないものふんだんに使ってるんじゃないかって感じちゃう。(僕の主観ね。実際は知らないよ!)

これぞ王道。ごちそうさまでした。

ただ、セットにすると800円くらいしちゃうから、リーズナブルじゃなくなるんだよなぁ…

松屋の牛丼は…

kimg0145

味噌汁イェーイ!ウェーイ!

松屋っていったら、もうこれでしょ。味噌汁標準装備。ありがとう松屋さん。ありがとう文春。センテンススプリング!

あと、セットメニューで”生野菜&半熟玉子”。これは外せない。これで550円ってなんて庶民の気持ちを理解してくれているんだ。ありがとう松屋さん。ありがとう文春。センテンススプリング!

この牛丼の上に、たっぷりの紅ショウガを乗せて。松屋の紅ショウガは水っ気がそんなに強くないので好き。たっぷり乗せて、真ん中に穴を開けて、半熟玉子を乗せて、上からカルビのタレかけて、ごまドレッシングかけて、はい高カロリー牛丼の出来上がり!これだけカロリーとれば、もうデブまっしぐら!いやいや違くて、ロードバイクで100キロくらい走ったってハンガーノックにならないよ

うん、これだけ自分流トッピングしたら牛丼の味がわからなくなっちゃうね

ということで、今回は普通に食べてみました。味はちょっと薄めかな。タレも薄めなので、胃にズシッてくる感覚はないね。食べやすい。焼肉のタレとかかける人が多いから、初めから薄めにしてるんだろうね。

さすが、”牛丼の革命児”。ごちそうさまでした。

すき家の牛丼は…

%e7%89%9b%e4%b8%bc%e3%80%80%e3%81%99%e3%81%8d%e5%ae%b6

さぁ、”牛丼界のミューズ”すき家の牛丼です。

豚汁つけちゃったよ。豚汁は松屋の方が美味しい。あと、玉子もつけたけど、生玉子あんまり好きじゃないわ。(じゃつけるなよ!)

すき家の牛丼は、うん、濃い。とにかく濃い。不味いわけじゃないよ。可もなく不可もない。なんか、普通な感じ。でも、濃い

すき家って、なんかいろんなトッピングでうまく誤魔化してる感がするんだよなぁ。実際の牛丼単品で比べると物足りない。トッピングが多いし、いちはやくスプーンを導入したし、吉野家はなんか、”男子高校生”とか”サラリーマン”のイメージがついてたから、すき家は女性にとっては”牛丼界のミューズ”的な存在なんだろうけど。

うん、濃い。チーズとかトッピングすると合うんだろうけどね。うん、濃い。それしか思いつかない。

さぁ、ラスト!くら寿司の牛丼だ!!

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-6

”7種の魚介だし”に関しては、うん、まぁ、うん。正直わからない。事前の情報操作によって、「あぁ、魚介だしっぽい感じがするわ〜」って感じ。細かいだしの味を味オンチの僕が判別できるわけもない。そもそも、この企画、ムリがあったか〜?

ムリムリムリムリ!

ダメージダメージ!!

でもね、僕にもはっきりとわかることがあったの。それはね、甘い。うん、甘い

なんていうか、甘い甘ったるい感じ。

半熟玉子とかトッピングしてマイルドにしたら、ちょっと味が変わるんだろうけどね。ってか、途中からあまりに甘ったるすぎてさ、やっちまったよ。

わさび正油をかけて食べちゃったよ。くら寿司さん、ごめん。

でも、美味しかったよ。えんがわ。あとサーモン

ごめん、お寿司食べちゃったよ。でも許してね。挑戦したんだからさ。

結論

味オンチの僕には、細かい違いはわかりません!(それ言っちゃおしめぇよ…)

そして、牛丼は牛丼屋で食べるのが一番いい!!

まぁ、くら寿司の牛丼、悪くないけどね。でも、せっかくくら寿司にきたんだし、牛丼食べるならお寿司食べるよ。っていうか、お寿司食べるならくら寿司じゃなくてスシローいくよ。(それ言っちゃおしめぇよ…)

個人的には、一番は松屋かな。松屋だと味噌汁つくからね。豚汁も美味しいからね。食券だから食べ終わったら、すぐに帰れるしね。松屋最高!!

と、ちょっと牛丼パレード、通称”牛パレ”をしすぎてしまったおかげで、(そして全然ロードバイクに乗ってないおかげで)太ってしまったような気がしてる。もともと太ってるけど。

とりあえず、今後の目標としては、「どうしようもなくお腹が空いた夜にちょっとだけ空腹が満たされるような、そんな呪文のような”牛丼並盛”」を抑えようと思う。太るし。

そんな夜は、もっと違う生き方をしようと思うんだ。

だって僕には、「どうしようもなく寂しい夜ちょっとだけマシになるような、そんな呪文や夢がたくさん詰まった、植田真梨恵2ndアルバム”ロンリーナイトマジックスペル”」があるからね!(宣伝です。めっちゃいいアルバムです。かなり好きです)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする