君を悲しませるヤツを、君は愛している

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-11

優しいだけじゃダメなんだよ ってね

クリスマスも近くなってきたね。世の中、恋人たちが幸せそうに手をつないで、きらきらイルミネーションにうっとりする季節だね。

ってことで、今日はちょっとマジメになって、恋愛について書いてみようと思う。(とか言ってみたけど、マジメって何?)

優しいだけじゃ、彼女はできないんだよね。っていうか、女の子サイドで彼氏も同じ。恋人は優しいだけじゃできない

なんで、こんなこと言い始めたかって言うとね、最近Amazonでプライムビデオ見まくってるんだけど、共通しているのが、

”恋人がいる登場人物は優しさ以外の何かをもってる”

っていう事実。なるほど、そうだったのか。

たしかに、いままで見てきた世界を振り返ってみると、優しいだけの男は彼女がいない。モテない。残念なことに彼女がいない。どんまい、優男。

「◯◯って優しいと思うよ。こんなに優しい人いるんだって思ったよ。でもね…」

おきまりのテンプレですな。優男に向けられる、波風立たないテンプレ。

優しいだけじゃダメなんだよ。竹内くんじゃダメなんだよ。矢野じゃなきゃ。

(あっ、別に失恋したとか、そういうわけじゃないんだからねっ)

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-9竹内くん、ごめんね。

関連記事:矢野元晴から学ぶ 素直な想いの伝え方 〜僕等がいた より〜

モテる男は何をもってる?

モテる男は何を持っているのか?

それは、”強さ”。これ、間違いない。

女の子は”強さ”に惹かれるんだよね。だから映画でも強いヤンキーはモテる。クローズzeroの滝谷源治(小栗旬)もドロップの井口達也(水嶋ヒロ)も、強いから惹かれるんだよね。で、その中に優しさがある。

うーん、ちょっと違うか?強さだけじゃないな。

”自分を強くもってる”っていうのがポイントかな。

滝谷源治も井口達也も、”最強になる”っていう自分の目標があって、そこに向かっているからかっこいい。

漫才ギャングの黒沢飛夫(佐藤隆太)も”お笑いで天下取る”っていう揺るがない自分をもっているから、多少ナヨナヨしてても彼女がいる。

パラダイス・キスのジョージ(向井理)も自分の価値観・信念が強いから、そこに惹かれる。

優しいだけじゃなくて、自分を強く持っているのがポイントだ。

(決してイケメンだからモテるわけじゃないんだぞ!)

”強い者”に惹かれるのは動物の心理

とまぁ、いろいろ書いてきたけど。

強い者に惹かれるのは動物の心理なわけで。わかりやすいところで言えば、サルの”お山の大将”かな。強いサルのところに他のサルは集まってコミュニティを形成する。

人間も同じだよね。

はるか昔。人間が狩猟や採集をしながら生きてきた時代から、この本質は変わらない。

おっきなマンモスだったりイノシシを倒すためには、ひとりではムリなわけで。で、人々はチームを組んで倒してきたわけだけど、その中には、やっぱり”強い人”っていうのがいてね。その強い人がみんなを引っ張っていくわけですわ。リーダーだね。

リーダーは信頼されるし、かっこいい。たぶん、いまよりももっと力でおさえつけていた時代だから、恐怖もあったんだろうけど。

そんな強い者は、その後、どんどん勢力を拡大してって、豪族になっていったんだよね。

権力者の近くにはいつだって、女性がいるでしょ?なんだかんだいって、昔から強い人に惹かれてたんだと思うの。

これは動物の心理だ

モテる男になるためには?

まとめましょう。モテる男になるためのポイントを。

  • 優しさだけではなく強さを持つ
  • これだけは譲れないという何かを手にいれる

このふたつだね。ここをベースに、自分を磨いていくのがいいんじゃないかな。

ヤンキー映画って、ケンカシーンが苦手だったけど、見方を変えると面白いなって思った出来事でした。(実はこれが言いたかっただけ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする