あの日みた「藤沢市民のソウルフード”バラ丼”」をきみはまだ知らない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

きみは”里のうどん”を知ってるか?

images (1)

JR大船駅西口(大船観音側)の道をJR藤沢駅北口に向けて車で進むと、ふと目に入るうどん屋さん。”里のうどん”をきみは知っているか?

湘南地区、特に藤沢市・鎌倉市を中心とする、湘南鎌倉地区の人間には馴染みのある、うどん屋さんです。湘南鎌倉地区と言いましたが、訂正します。”藤沢市民のソウルフード”が食べられるお店です。

藤沢駅周辺ってうどん屋さんがほとんどないんですよ。

「うどん食べたいっ!うどん、うどん!」

って思っても、残念なことに気軽に食べに行けるお店が少ないんですよ。”ガスト”とか”なか卯”とか”どん吉”とかしかないの。丸亀製麺とかはなまるうどんとかあればいいのにね。でもないの。

かといって、ガストとかなか卯ってのもねぇ…。どん吉はどん吉で…。(いや、悪くはないんだよ?悪くは、ね)

ってときに、「藤沢 うどん」で検索すると、必ずヒットするのが”里のうどん”。

大船駅から藤沢駅に向かう途中に見える、村岡本店を筆頭に、石川店、南藤沢店、鎌倉店、大崎店を展開しています。

っていうか、”里のうどん”ってうどん屋を謳ってるのに、名物はうどんじゃないんですよ!そう、藤沢市民のソウルフードはうどんではなく、豚肉をふんだんに使った”バラ丼”なんです。

ということで、今回は、藤沢市民のソウルフード、里のうどんの”バラ丼”を食すべく、藤沢駅から徒歩5分、南藤沢店にお邪魔してきました。

いざ、”里のうどん”へ!!

藤沢駅南口(小田急改札側)から徒歩5分の位置にある、”里のうどん 南藤沢店”を目指すべく、藤沢駅に降り立ちました。

KIMG0190

小田急改札です。人多いですね。南口側に出ます。

KIMG0191

土曜日とあってか、路上ライブをしている人がいます。なんか本格的な感じで音楽やってましたが、何を歌っているのかさっぱりです。声がガリガリに割れてて、聞き取れません。残念です。もっと、いい音響使ったほうがいいよ。

左手方向に歩き出します。

KIMG0195

写真に指が入ってる…。そして、暗い…。15時くらいの風景です。

藤沢駅南口周辺は、居酒屋系の飲食店が多いのが特徴。近くに日大があったり、交通アクセスの良さから、休日は人が集まりやすい地域です。江ノ島が近いのも人が集まる理由のひとつかな。飲みに行くなら藤沢駅南口周辺がベスト。(北口は南口に比べて飲食店は少ないですね)

さぁ、ここからまっすぐ。ただひたすらまっすぐに進みます。

KIMG0196

”エブリディ・ロープライス”のOKストアが見えたら、もう少しです。このあたりまで来ると、なんかもう、すでに繁華街な感じはしません。藤沢駅周辺のすごいところは、2〜3分も歩けば寂れるってところですね。

KIMG0197

なんか、お客さんの入ってない古着屋があります。こんなところまで服を買いに来る人いるのか?だったら、通販で買ったほうがいいんじゃないか?服にそんなにこだわりないけど「とにかく楽してモテたい!」って人はこちらが便利です。(楽してモテるなんていうのは、都市伝説ですけどね。ちょっとは苦労が必要だけどね)

関連記事:春のファッションを攻略したい人へ!”マネキン買い”でモテるファッションを極めろ! 

お客さんが全然入っていない古着屋を通り過ぎると、見えてきました。

右手側に今回の目的地”里のうどん 南藤沢店”です。

KIMG0198

湘南演劇鑑賞協議会とはなんでしょうか?そんなの聞いたこともありません。調べてみたところ、NPO法人だそうです。

演劇の鑑賞ですか。僕はAmazonプライムで映画鑑賞しまくってます。Amazonプライム鑑賞協議会ってところですね。

関連記事:コレすごくない?12月はAmazonプライムビデオで映画を観まくったよ!!

とか、ムダなことは置いといて、早速入ってみましょう。(なんか、ちょっと入りづらい雰囲気醸し出してますが、大丈夫です。勇気出して一歩足を踏み入れましょう)

”里のうどん”の発祥秘話

お店に入って、席に案内されたら、メニューをみてみましょう。

すると、ファンタジーな文章が目に入ってきます

KIMG0199

文章に起こしてみます。

店主は思いがけないキッカケから「里のうどん」を開業しました。

インドを旅行している時、修行者に「あなたはとても運のいい人だ!日本に帰ったら、宝くじを1枚買いなさい!!」と言われました。

日本に帰ると、アドバイス通り1枚だけ宝くじを買いました。

すると、なんと「当たり!!!」

そのお金を元手に4坪のうどん屋を開業しました。

それが藤沢名物「里のうどん」の始まりです。

なんともファンタジーなお話。いくらか脚色されているとは思いますが、僕はこういう成功秘話みたいなのが大好きです。なんか、夢があっていいじゃないですか。「そんな奇跡みたいな話、あるわけがない」なんて言っちゃうよりも、「成功って、きっと日々の中に隠された”奇跡”と出会うことなんだ!」って思えたほうが良くないですか?

創業者の西嶋芳生さんが「インドに行く」っていう行動を起こしてなかったら、そしてインドで言われた通り宝くじを買ってなかったら、藤沢名物”バラ丼”は生まれていなかったんですよね。こういうお話大好物。ニヤニヤしてしまいました。

藤沢市民のソウルフード、バラ丼を食べる!

と、誕生秘話だけでお腹いっぱいになっちゃいそうですが。目的はそこじゃない。バラ丼だ。

と、メニューを開いてみましょう。

KIMG0201

この”バラ丼”なんと300万人以上が食べているそうです。”全国丼グランプリ2年連続金賞”の称号は伊達じゃない。

でも、ここはうどん屋さん。まさか、うどん屋さんで”バラ丼”だけ食べて帰って来るなんてことはしねぇよなァアアア!?

も、もちろんです。うどんも食べます。

KIMG0200

なんの躊躇いもなく、バラ丼セットを注文。

待つこと10分…。

KIMG0202

どーん!!バラ丼セットです!!

みて!!このボリューム!!

うどんは、小うどんなんですが、それでも結構な量があります。これで990円とかお得かよ。

早速食べてみたところ、うまい!

バラ丼はマヨネーズかけなくても、味がしっかりと付いているので、そのままでもいけます。「タレの味が濃いな」と感じたら、マヨネーズで味をマイルドに整えるのもいいんじゃないかな。1本どーんとマヨネーズ持ってきてくれるので使いたい放題です。(僕は、ちょこっとだけ使いました)

半分はそのまま食べて、残り半分はマヨネーズに絡めて食べるっていうのもいいんじゃないかな。

うどんは、薄味。ツルツルいける。バラ丼とのコンビが絶妙。

これは、味覚オンチの僕でもわかる。

例えるなら、「いつも結構キツイことをズバズバ言ってくる彼女が、体調悪い時にものすごく優しくしてくれる」感じをハイスピードで繰り返す感覚。

「おいしい!!」

これが、藤沢市民のソウルフードか。静岡県民のソウルフード、”さわやかのげんこつハンバーグ”と比べても遜色ないんじゃないかな?(さわやか行ったことないからわからんけどね)

ダウンロード (3)

(いずれ、ちゃんと比べてみようと思います)

いやー、お腹いっぱい。満足です。

店内の写真撮り忘れちゃったけど、結構キレイな感じで、女性客も多かったです。というか、僕含めてお客さんが6人いたんですけど、男2・女4でした。女性にも人気なんですね。(女性の店員さんも可愛い人多かったよ)

もちろん、バラ丼だけでの注文もできますし、サイドメニューも充実。お酒の種類も豊富だったので、ちょい飲みとかでいくのもいいんじゃないかな。

藤沢にお越しの際は、ぜひ、藤沢市民のソウルフード”里のうどん”をご堪能ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする