2017年もAmazonプライム活用するよ!(1月の映画鑑賞日記)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-8

映画は”知識”と”知恵”を与えてくれる

関連記事:【怪我の功名】自動更新してたAmazonプライム。もったいないから会員特典を使ってみた結果…。

関連記事:Amazonプライム無料登録のワナに気をつけろ!まじで!!

関連記事:「 プライムビデオ 」一覧

※「プライムビデオ」一覧から鑑賞記録をすべて確認することができます

12月に引き続き、Amazonプライムビデオで観た作品を紹介するよ。1月もたくさん観たよ。

で、思うのね。これはビリギャルを見てからなんだけど、”物事のひとつの側面”だけを見て、状況を判断しちゃいけないなって。ネットに流れている情報も、テレビで流れているニュースも、新聞に書かれている記事も、いろんな物語が詰まっているお話で。それをひとつの側面から切り抜いた情報だけで判断するのは難しい。

正しい情報か、そうでないか、はわからないからね。

世の中にたくさんある情報から、”正しいもの”だったり”必要なもの”を手にいれるためには、知識とか知恵とか必要なわけ。

それって、勉強することで身につけられると思うんだ。それは、机に向かってやる勉強だったり、人と話して学ぶことだったり、本を読んだり、ニュースを見たり、いろいろあると思うのね。

その中でも、感情だったり描写を捉えやすいのは”映像”だと思うんだ。

娯楽としての映画もいいけど、知識と知恵を身につけるために映画を見るっていうのも、勉強のひとつとしていいんじゃないかな、っていまは素直に思ってる。

↓↓ここから、1月に観た映画・ドラマの感想書いてくよ!!↓↓

ということで、長々と映画とか知恵とか知識とか、ここで語るのも場違いなんで、サクッと感想いくよ!!(知恵とか知識に関して、もっと知りたい方はこちらから)

関連記事:「勉強なんてしなくたって余裕で生きてける」って勘違いしてるきみたちへ

ツレがうつになりまして。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-9

「たとえ、ただのガラス瓶でも、割れなかったからココにある」。ガラス瓶に価値があるんじゃなくて、”割れなかったこと”に価値がある。人間も一緒で、壊れることなく、ただそこに存在していることに価値があるわけで、存在がなくなってしまったら意味がない。

うつ病がどんな病気か、うつ病の人とどう接していけばいいか、いろんなことが詰まった映画だった。

うつ病は”心の風邪”で、誰でもかかる可能性がある。と同時に、うつ病は”心のガン”でもあって。「がんばって」って一言が、”できない”と思ってしまっている人にとってどれほど重圧か。”できる”と思ってることができない自分自身が、どれほど重圧か。

心まで潰される前に、どうか潰される前に、逃げて欲しい。周りの人は、心を潰してしまわないように、そしt潰されてしまいそうな人がいるなら、逃げることを助けてあげて欲しい。

うつ病に対しての考え方が180°変わった。

ソラニン

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-10

”自分の在り方”を音楽を通して表現している映画。若者が大人になっていく過程で、”大事にしたいこと”と”現実”のギャップに揺れて、それでも”自分の在り方”を追い求めていく映画。

この映画では、表現の仕方は”音楽”、そして”若者から大人へ”ってスタンスだけど、若者だろうが、年取っていようが、音楽だろうが、文章だろうが、そんな細かいことはどうでもよくて。

強く感じたのは、”今日が終わる時、自分に言い訳するような1日を過ごしちゃいけない”ってこと。なんだかんだ理由つけて「無理だ」とか「できない」とか「普通に考えたら」とか、そんな言い訳してていいのかよって。なんか、すげー刺さった。

自分自身がどうしたいのか。自分自身が本当にやりたいことはなんなのか。自分自身の人生、後悔しない生き方ってなんなのか。

きっとどんな道を選んでも後悔ってあるんだろうけど、それで自分に言い訳するなんてカッコ悪い生き方したくないな。僕たちは、紛れもなく、”いま”を生きてるんだからさ。

腐女子彼女。

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-11

”腐女子”って文字をみて、「あれ、最近ヒトデさんのブログ(彼女が腐女子です。その0 初めての腐女子「総受け講座」)でみたやつじゃね?」ってなって、勢いでみたけど、まぁまぁ面白かった。

内容は、よくある恋愛映画。うん、パラダイスキスとストーリーは一緒。マジでよくある話。うん、よくある話の域を超えない映画。

でも、”腐女子”っていう人がどんななのか、実写で見ることができる。「あっ、なるほど。ヒトデさんがブログで書いてたのはこういうことだったんだ!」と復習になりました。

まぁ、ただ思ったのが、腐女子だろうと、ヲタだろうと、バンギャだろうと、野球大好き少年だろうと、趣味がないよりあるほうが人生が豊かになるよね。楽しいよね。それに、腐女子と野球大好き少年との違いなんてないよね。突き詰めるものが違うだけ。好きなことは好き。それでいいじゃない。

白ゆき姫殺人事件

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-12

「人の記憶は捏造される。自分の都合のいいように。大切なことを見逃すな!」

マスコミだけじゃない。人の記憶、人に聞いた情報は、ひとつの側面でしかない。物事を多角的に見ないと、本当のことはわからない。物事の本質を見極めるために、必要な情報を整理して、真実にたどり着く必要があるってこと。そのためには、僕たちもひとつの情報に踊らされることなく、多角的に物事を見えるように知識・教養を身につけることが必要だね。

しかしまぁ、取材した内容をこれだけつぎはぎにくっつけて、それらしく犯人にしたてあげちゃうんだなって。ニュースって、怖いね。僕たちが信じて見ているニュースや新聞は、多角的に捉えた情報を都合のいい解釈で世の中に送り出しているもの。すでに、この時点で情報捜査されているものなのかもしれないな。

そして、何事も一度疑ってかかってみることも大事。この映画、深い。ってか、小学生の時の担任の先生、マジくそだな。こういう教師のせいで、その後の人生が狂っちゃう子供がどれだけいると思ってんだよ。

これは、映画だけじゃなくて、文章でも読みたい。湊かなえはやはり天才。

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-13

ものすごいハートフルな映画だった。家族っていいなって思った。それが本物の家族じゃなかったとしても、絆って結ばれるんだよな。

それと、詐欺師の話ってだけあって、最初から最後まで気の抜けない展開だったし、伏線の多さと回収しきる感じもすごい好き。

ただね、やっぱり人って簡単に信じちゃいけないよ。ひとつの側面だけで、相手とか情報をとらえるんじゃなくて、もっと多角的に総合的に見て捉える必要がある。最後の最後まで騙されちゃったからね。信じるって難しい。

それでも、いろんな角度から物事を捉えて、最後は”人を信じる”ってところにたどり着きたいなって思ったよ。

探偵はBARにいる

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-14

笑いあり、涙あり、心温まる探偵ドラマがここにある。面白かったし、ワクワクした。

事件のカギをひとつひとつ解いていく形式になってて、最後にひとつに繋がるんだけど、話の内容自体はそんなに難しくなくて、予想できることも多い。

話が難しくないっていうのが絶妙ポイントね。観ながら推理を組み立てていけるから、適度な頭の体操にもなるよ。うん、頭の体操になる。

大泉洋は面白いね。松田龍平もかっこいいし。これは観ても損はしないと思うよ!

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-15

ハートフル要素満載の作品だった。人が生きていくってこと、そこに存在するってこと、その意味。深く考えさせる内容だった。あとは、家族の絆ってところかな。うん家族愛の物語。

事件を紐解いていく過程も面白かったけど、事件解決ってところでいうと、ちょっと残念感があったかな。探偵が難事件を解決する物語ではない。そこは残念だったけど。

まぁ、探偵ものだけど、”推理を楽しみながら物語の核心に迫る”っていうのが好きな人には向いてないと思う。ミステリー要素よりも、人情とかに強く心惹かれる人には向いてると思う。

ただ、相変わらず大泉洋と松田龍平の絡みは秀逸で面白い。それは間違いない。

イン・ザ・プール

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-6

非日常感漂うコメディーで笑いが止まらなかった。もうね、日常に疲れてる人は観た方が良い。なんか、気を張ってるのがすーっと抜けていく感じ。なんか、「あぁ、このままでいいんだな」って思えるよ。

たぶん、この物語に出てくる当事者たちは本気で悩んで本気で考えてるんだろうけど、それを松尾スズキさんが面白おかしく解決しちゃうから、なんか爽快感があるんだよね。今抱えている悩みなんて、実はそんなに重要じゃないのかもしれないね。

あと、田辺誠一さんの毎日プールで泳ぐっていうの、あれいいな。水泳って、他のスポーツと比べて無心になれる時間が多いと思うんだよね。他のスポーツだと、なんか色々考えたりすることができるけど、水泳はそうもいかない。気をぬくと溺れちゃったりするからね。無心に泳ぎ続けるしかない。ストレスが溜まってて、夜寝れない人とか、水泳で無心に体力使い切って、それから寝たらすっきりするんじゃないかな。

この映画こそ、いまの日本に求められている映画だ!

男たちの大和/YAMATO

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-14

負けるとわかっていたとしても、死んでしまうとわかっていたとしても、それでも日本を変えるために大和に乗り沖縄へ向かった海軍の人たちの姿を見て、もう二度と戦争は繰り返してはいけないと思った。月並みな小学生の感想文みたいな感想だけど、これ以上の言葉は必要ないと思う。

”どうして戦争が起きてしまったのか”とか”どうして特攻をやってしまったのか”とか、過去を振り返ることは大事。僕たちにできることは、批評を繰り返すことじゃなくて教訓として次の時代に生かすこと。

時代は、”昭和”から”平成”に移り変わり、そしてまた新しい時代を迎えようとしている。

ただ、時代の呼び名が変わっても変わっちゃいけない想い。僕たちは、過去から、歴史から、多くを学び、そして、世界の人々が幸せに暮らしていける世界を模索し続ける必要があるんだよね。

ひとりの力じゃ大きなことはできないかもしれないけど。それでも、近くにいる人の笑顔をみんなで作っていければLOVE&PEACEは実現できると信じて。

超高速!参覲交代

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-25

見る前はドタバタコメディーだと思ってたんだけど。思ってたよりも結構しっかりした内容だったし、江戸時代の陰謀ひしめく感じとか感じ取れて良い映画だった。ドタバタコメディーなのは変わらないけどね。見てて、上杉鷹山を思い出したよ。質素な生活だったり、自分の藩の民だけじゃなくて周りの藩のこともかんがえてた良い領主だよね上杉鷹山って。ってか湯長谷藩って実在した藩だったんだね。いつか湯長谷藩のあったいわき市に行きたいな。

ってか、もう走る走る。すごいドライブ感のある映画だった。佐々木蔵之介さんの演技もいい味出てるし、西村雅彦さんの演技も良い。深田恭子さんは安定の美人。かわいすぎる好きすぎる。

時代劇ものってやっぱ良いよね。歴史を知るための勉強にもなるし。2016年には続編もあったみたいだから、Amazonプライムビデオに入ってきたら観よう。はやく追加を!

戦国自衛隊1549

ダウンロード (9)

「己の覚悟次第で身分に縛られることなく己がままに生きられる。その平成の世を消えようとしているのに、お主には守るべきものはないのか?ただただ己の命なのか?そのような腰抜けならばお主こそこの世から消えてしまえばいいのだ」

映画の一幕。北村一輝さんの放ったセリフが心にズシンと響く。

この平成の世を生きる上で、僕たちを縛り付ける身分なんかない。己の信念にただ愚直に生きることで未来が開かれる。ただただ、何もしないで死を待つことのつまらなさよ。

そんな、当たり前のようで当たり前ではないことを思い出させてくれた映画でした。

未来とは、人の世の望み。未来に望みを持ち続けること。そして、決してあきらめないこと。

こういう、考えさせる映画って、江口洋介にやらせるとハズレがないよね。表情とか感情表現が役者の中でもダントツだから、ものすごいビシビシと伝わって来る。

この映画、めちゃめちゃ深い。12年も前の映画だなんて信じられないくらいすごい。

1月は11作品楽しめました!

12月に比べると、ちょっと少ないけど。

それでも、観たい映画を思い立ったその瞬間に楽しめるってのは良いね。これで、月330円程度とかお得すぎて笑ってしまうね。

映画は人の心を豊かにしてくれるね!

ってことで、2月もAmazonプライムにお世話になるから、よろしく!

関連記事:【怪我の功名】自動更新してたAmazonプライム。もったいないから会員特典を使ってみた結果…。

関連記事:Amazonプライム無料登録のワナに気をつけろ!まじで!!

関連記事:「 プライムビデオ 」一覧

※「プライムビデオ」一覧から鑑賞記録をすべて確認することができます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする