あなたはどのタイプ?ビジネスパーソン必見!タイプ別”仕事できる人”4パターン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ダウンロード (7)

こんばんは、りむです。

今日は、仕事をする人の話。ビジネスパーソンの話です。

仕事をしていると、

「あの人は何をやらせてもきっちり仕事をこなすから優秀だよね」

とか

「あの人は次から次へと問題起こして仕事を増やすからやっかい」

とか

こんな話を聞くことないですか?

この“優秀”とか“やっかい”とか、いったいどんな基準で判断されるんだろう?ちょっと気になって。それで、知り合いのサラリーマン(それはもうペーペーの平社員から、主任・店長・プロジェクトマネージャー・課長まで)に

「仕事でいう“優秀な人“の定義って何?」

と聞いてみたところ、知り合いから実に興味深い話が聞けたので内容をまとめてみました。



ビジネスパーソンの分類わけをしてみよう!

images (3)

まずはビジネスパーソンを大きく分類してみましょう。

スクリーンショット 2017-02-21 2.24.14

マトリックス表ちっちゃ!!ってことで書き出します。

  1. 優秀ですごい人
  2. 優秀だけどすごくない人
  3. 優秀じゃないけどすごい人
  4. 優秀じゃないしすごくない人

の4パターンに分類されます。

世の中の企業は、例外なくこの4パターンのビジネスパーソンで動いています。ちなみにこの表に順位付けをするとどうなりますか?

ぼくの順位づけは、

  1. 優秀ですごい人
  2. 優秀じゃないけどすごい人
  3. 優秀だけどすごくない人
  4. 優秀じゃないしすごくない人

です。②と③が逆ですね。

各パターンの詳細は後述します。その前に“優秀な人”“すごい人“の違いについてお話しする必要がありますね。

“優秀な人”とは?

OOK151013070I9A9870_TP_V

まずは優秀な人について。

あなたが思う優秀な人ってどんなイメージですか?

  • 仕事をバリバリこなす
  • スマートに定時帰社
  • 仕事を任せるにあたって一番安心できる
  • 仕事の遅延・漏れがない
  • 仕事を片っ端から片付けられる

って感じですかね。

“仕事がデキル”ビジネスパーソンっていうイメージですね。

そうなんです。優秀な人は、振られた仕事をバリバリにこなしていくので、その人に仕事を任せれば、どんどん仕事は減っていきます。結果、定時帰社もしやすくなるわけですね。

“すごい人“とは?

ダウンロード (8)

続いてすごい人について。

あなたが思うすごい人ってどんなイメージですか?

  • 突発的なアイディアをひらめく
  • クリエイティブな仕事をしている
  • 新しい視点から物事に切り込む
  • 仕事をバリバリこなす
  • 自分の信念を曲げない

って感じですかね。

“仕事がデキル”こちらも仕事がデキルっていうイメージです。

すごい人は、煮詰まったときの打開策だったり、異なる視点からの切り口で常に仕事の質を上げてることが出来ます。クリエイティブな仕事をしている人って、いつも何かを考えてるイメージありますよね。

“優秀な人“と”すごい人“の違いは?

images

これ。ぼくが聞いて、「うわっ。それ!その通り!まさにそれ!」ってうなったこと。

“優秀な人“と”すごい人“の違いは、「仕事を減らす」か「仕事を増やす」か。

優秀な人は、仕事を任せれば任せるほど、的確かつ最短距離で仕事を仕上げてくれるので、どんどん仕事が減っていく。

すごい人は、いつだって独自の視点・普段と異なった視点で物事を見ているので、新しい仕事を生み出し続けられる

この違い、伝わるかな。両方を兼ねそろえている人は、最強なんだよ!限りある時間・制約の中で多くのモノを生み出せるからね!

4つのパターンを細かく見てみよう!

images (1)

では、4つのパターンを細かく見てみよう。

自分がどのパターンに当てはまっているか、どのパターンにたどり着きたいか、考えながら読み進めてもらえると嬉しいな。あ、さっきのマトリックス表、もう一度おさらい!

スクリーンショット 2017-02-21 2.24.14

①優秀ですごい人

言わずもがな。最強のビジネスパーソン。

限られた時の中で、自分で”仕事を生み出し”、そして自分で”仕事を片付けられる”タイプ。選手としても監督としても一流。

どちらかというと、”仕事を生み出す”ほうの比重が高い。

会議中も、その議題を進めながら(というか判断を下しながら)伏線を張り続ける。

「コレって、違うプロジェクトにも活用できるよな?」

「いまの話、新規事業でやったほうがいけるんじゃないか?」

なんて考えてるもんだから、会議中でも関係なくメールとか調べ物してる。会議が終わる頃には、違う仕事の企画書が出来上がってたり。そして、それを見通しが立つレベルまで引き上げて”優秀な人”に引き継ぐ。引き継ぎのタイミングも秀逸。

物事を一面で捉えるのではなく多角的に見ているからできる芸当。頭の中は常にグルグル何かしらの考えが張り巡らされている。部長クラス・役員クラスのビジネスパーソンになれる

そして、そんな人ほど帰るのが早い。オフィスにずっといても良いアイディアが生まれないのを知っているから。

尊敬に価するレベルのビジネスパーソン。ぼくもこうありたい。

②優秀だけどすごくない人

タスクマネジメントに長けているタイプ。

限られた時間の中でいかに効率よく仕事をこなすか考えるのが得意。ムリ・ムダ・ムラを省くことに全力投球できるビジネスパーソン。

”1”を聞いて”10”まで仕事を組み立てられるので、上司・同僚に重宝される。同期の中でも一番出世が早いタイプ。”最年少プロジェクトリーダー”とか”最年少店長”とか”最年少”という肩書きを持っているケースが多い。挫折知らずで係長クラスまで昇進することができる

ただ、”0”を生み出す力が圧倒的に足りないため、一定のポジションまで行くと伸び悩む。そして、挫折・失敗の経験が少ないため、いざという時に打開策が思いつかない。さらに悪いことに、同期より早く出世したというプライドと自信から、”同僚に相談する”とか”同僚から吸収する”ってのができない。案外頑固。

いつの間にか、一定のポジションでうまいこと使われる存在になっちゃってる。

そして、

「正当な評価をされない」

「これ以上はムリ」

「良いように使われるだけ」

と落ち込んでいき、自分の殻にこもってしまう。

物事を線で捉えることはできる。だから”1”を聞いて”10”まで先回りができる。面で捉えられるようになると、”1”から”0”が見えるようになるんだけどなぁ。

困った時はうまくいってる人の仕事の仕方、”すごい人”の考え方を受け入れる柔軟性が必要。そうすれば、ブレイクスルーできるところまで来ている。

③優秀じゃないけどすごい人

”1”を聞いても、それをやるのに時間がかかり、先へ進めないタイプ。

理由は、

  • ”1”をやる意味がわからない
  • ”1”のあとにくる”2”を自分がやる意味がわからない
  • 自分以外の人ができるなら自分はやらなくて良いと思っている
  • ”1”を聞いたら、違う側面の”0”が見えてしまった

ってところ。

会議でも、プロジェクトの内容に真っ向から否定したり、違う内容を吹っかけるので、まわりから

「アイツがいると仕事が進まない」

「アイツといると仕事が増える」

と陰口を叩かれている。

でもそんなの気にしない。だってさ、”0”が気になっちゃうんだもん。

出世はマチマチ。というか、同期より格段に遅い。なぜなら、上司がこのタイプのすごさに気づかない、もしくはめんどくさがって敬遠してしまうため。上司も基本”優秀な人”タイプが多いので、”すごい人”タイプを見極められない。

さらに拍車をかけるように、”1”から”2”へ進めない性格から、仕事を増やしても自分で片付けられない

結果、自分が増やした仕事は”優秀な人”に引き継がれ、”優秀な人”の出世にアシストしてしまう。ものすごくもったいない。

物事を面の上で捉えることはできる。たくさんの面を持っている。でも、それを線で繋げない。面の上を点がぽつんぽつん、っていう状態。線で繋げられるようになるといいんだけどなぁ。

自分で生み出した”0”を”1”に引き上げて、”2”くらいまで進めてからまわりに投げられるようになると、一気にスターダムに乗り上げられるのに。案外、大器晩成型で課長クラス・部長クラスまで行けたりする

実は一番不遇なタイプ。

④優秀じゃないしすごくない人

”1”を聞いて、”10”まで進めることもできなければ、”0”を生み出すこともできないタイプ。

この場合の原因は、

  • そもそもの能力が低い
  • 仕事内容と自分の特性がマッチしていない
  • やる気がないだけ

の3つのどれかに該当する。

ただ、”そもそもの能力が低い”というのは本当に稀。

基本は”仕事内容と自分の特性がマッチしていない”か”やる気がないだけ”かのどっちかに該当。

改善方法は、いたってシンプルで

  • 自分の特性が生かせる仕事内容にシフトチェンジする
  • というか、自分の特性に合った会社に転職する
  • 集せとかしたいならやる気出す
  • そのままで良いなら、ぼくはもう何も言わない

のどれか。

一番は、自分の特性にあった仕事内容もしくは会社にシフトチェンジすることかな。会社の風土とか、上司のタイプによって、仕事に質が変わる可能性もあるからね。

自分の特性を存分に生かせる会社に転職してみたり、自分の得意分野で仕事を起こすっていうのもアリなんじゃないかな。

【まとめ】1億総個人事業主時代を迎える今

images (2)

今までの会社・組織だと、なんでもこなせる”ゼネラリスト”みたいな人が重宝されていた時代だったから、”優秀な人”がたくさんいれば会社も潤ってたんだけど、今後はちょっと流れが変わってくるかな。

なんでもそつなくこなせるけど、それ以上でも以下でもなく、案外ピンチを脱することができない”ゼネラリスト”よりも、専門分野で突き抜けて良いアイディア出せる”スペシャリスト”が社会を引っ張っていく時代になってくるんだろうね。

そんな時に、ぼくたちはどんな仕事をしていても”優秀ですごい人”になる必要があるわけで。”1”を聞いて”10”までこなす”優秀な人”ではなく、”1”を聞いて”0”を生み出し、カタチにできるビジネスパーソンになる必要がね。

そのためには、自分の固い殻から飛び出して、いろんなところに行って、いろんな人の話を聞いて、ひとつでも多くの武器を身につけていかなきゃね!

関連記事:副業解禁による“一億総個人事業主時代”の到来と、その時代を乗り切るために必要な3つの武器

関連記事:『人生がつまらない』っていう人必見!人生は『自分の特性』を知ると劇的に楽しくなる!

今日はこんな感じで!就活生、がんばれよっ!!

↑ココ、2017新卒で就職決まってない人もまだ間に合うよ!迷ったらとりあえずGOだ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする