”平成の松尾芭蕉”はプリウスでMacBook持って岩手の平泉にきました【15日目】日本一周プリウスの旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

images

全国の皆様、こんばんは。りむです。

東北最北端の街、青森県までやってきました。

プリウスで日本一周の旅

ここから見た方は、ぜひ1日目から追いかけてみてください。

関連記事:さわやかのハンバーグは激ウマでした【スタート〜1日目】日本一周プリウスの旅

※この企画は、”Drive your dream!”でおなじみのトヨタ自動車の提供でお送りしたい願望満載ですが、いまのところ提供していただける予定はないです

とまぁ、前置きはそこそこに、15日目のレポートいきます。

ツイッターへのふぁぼ、地元の内容にリプなど反応くれているみなさん。本当にありがとうございます。みなさんからのリプ・ふぁぼはかなりの勇気になってます。今後とも宜しくお願いします!

【おさらい】日本一周の道のりは?

おさらいです。

今回の道のり、訪れる都府県の順番です。訪れた都市は★をつけるとしましょう。

  1. ★山梨★
  2. ★静岡★
  3. ★愛知★
  4. ★岐阜★
  5. ★滋賀★
  6. ★京都★
  7. ★三重★
  8. ★奈良★
  9. ★和歌山★
  10. ★大阪★
  11. ★兵庫★
  12. ★岡山★
  13. ★香川★
  14. ★徳島★
  15. ★高知★
  16. ★愛媛★
  17. ★広島★
  18. ★山口★
  19. ★福岡★
  20. ★佐賀★
  21. ★長崎★
  22. ★熊本★
  23. ★鹿児島★
  24. ★宮崎★
  25. ★大分★
  26. ★島根★
  27. ★鳥取★
  28. ★福井★
  29. ★石川★
  30. ★富山★
  31. ★長野★
  32. ★群馬★
  33. ★新潟★
  34. ★山形★
  35. ★秋田★
  36. ★青森★
  37. ★岩手★
  38. 宮城
  39. 福島
  40. 栃木
  41. 茨城
  42. 埼玉
  43. 千葉
  44. 東京
  45. 神奈川

15日間で37都市です。あと8都市!15日目は道の駅にしねからスタート。岩手県に長時間滞在→宮城県入りしました!

もちろん”心にゆとり!楽しく行動!”

【15日目】こんな感じでした!

ってことで、15日目の振り返りです。ツイートはシンプルかつコンパクトに。

15日目は岩手県に長居させていただきました。この旅もあと8都市(しかも関東ばかりが残ってる)と思うと、なんだか寂しくなってしまったので、ゆっくりと神奈川に戻ろうかと思います。

岩手県庁へ向けて出発!

氷点下の寒さの夜を越え、道の駅にしねからスタートです。明け方は気温も1℃と寒い状況でしたが、次第に天候も良くなり、暖かい中での旅のスタートです。

兵庫県も晴れて、春の選抜高校野球3日目の日程がスタートしましたね!

岩手県庁は、”ざ・箱!”でした。朝ということもあり仕事で登庁してくる方も多かったです。近くのコンビニは庁舎で働く人の必須店舗なんでしょうか、かなり混んでました。

高校球児に想いを馳せる岩手の春 〜岩手 不来方高校〜

春の選抜高校野球に”21世紀枠”で出場する岩手の不来方高校は、部員数10名の野球部です。昨年の秋季岩手県大会で決勝で盛岡大附属に負けるまで、10人で勝ち上がってきた高校。

10人と聞くとルーキーズを思い出してしまうのはぼくだけでしょうか?

ニコガクの不良たちが新任の川藤監督に魅せられ乗せられ、1年生10人で野球部を再開し、甲子園を目指すお話です。

部員数が少なくても、戦えるというところを、この春の選抜で見せて欲しいという想い、そして頑張れっていう応援を含めて、学校を見てきました。

宮沢賢治に想いを寄せる道の駅石鳥谷

岩手県花巻市にある、道の駅石鳥谷で休憩。

宮沢賢治で有名なイーハトーブ。イーハトーブとは宮沢賢治の造語で”理想郷”という意味です。小学生の時、国語の教科書に載ってましたね。なつかしい。宮沢賢治といえば、”イーハトーブの夢””やまなし””銀河鉄道の夜””注文の多い料理店”が有名です。

「そういえば、この旅でお土産ひとつも買ってなかったな」ってことに気づきました。元々、観光目当ての旅ではなかったので、お土産に関して考えていませんでした。

でも、せっかく東北の地へ降り立ったので、岩手・宮城・福島では何かしら購入しようと思います。岩手の地酒です。見た目、ちょっとかわいいでしょ?

高校球児に想いを馳せる岩手の春 〜岩手 花巻東高校〜

花巻まできたので、日本ハムファイターズの二刀流エース、そして日本の至宝である大谷選手の出身校も見てきました。

グラウンドに溜まっている水を、部員が全員でスポンジで吸ってグラウンドをならしている姿を見て、名門も普通の学校も何も変わらないなって。名門だからって踏ん反り返っているわけではなく、みんな”ひとりの高校生”なんだなって。

花巻東高校、夏、がんばれ!岩手から日本一へ!!

芭蕉に導かれて 〜奥の細道 平泉より〜

松尾芭蕉も訪れた、中尊寺金色堂に行ってきました。

すごく良かったです。金色堂は、全身鳥肌が経ちました。唖然としました。

詳しいお話は、ぜひこちらから!

関連記事:中尊寺金色堂より。”三代の栄耀、一睡のうちにして”〜松尾芭蕉の奥の細道に導かれて〜

ギュッと身が引き締しました。

”国敗れて山河あり” ”兵どもが夢の跡”

松尾芭蕉が見た奥州平泉の地。あれから300年以上が経ち、平泉は世界遺産になりました。

いつか白河の関も越えよう。奥の細道紀行とは逆走してますが。

めちゃめちゃ美味しかったです。わんこそば24杯っていうのもあったのですが、ビビってやめました。

さぁ、どうしよう?もう少し岩手にとどまる?


道の駅かわさきで休憩です。空がだんだんと曇ってきました。もう少し岩手にいたいので、宮城県入りは明日にしようかな?とか考えながら宮城へ出発。

北上川の横を走る県道を超えて宮城県へ!

北上川の横を走る県道239号線。なかなか強敵でした。夜だったら、心折れてました。車1台通れるかどうかギリギリの道で前から車がきたらみんなどうするんだろう?


なんとか踏ん張って、宮城県入りです。松尾芭蕉もこんな気持ちで宮城から岩手に入ったのかな?

平成の松尾芭蕉は、平成の文明を生かして、

  • 門人曾良→MacBook
  • 俳諧→ツイッター
  • 紀行文→ブログ

で頑張ってますよ!

”道の駅上品の郷”は”道の駅むらやま”を超えたかもしれない!

ここまでたどり着くのに、国道ではなく県道を延々と走ります。金八先生のオープニングに出てくる土手の遊歩道みたいな道が続きます。

カーナビさんなぜ宮城県に入ってから県道ばかり提案してくるの?

そうこうしているうちに国道へ。道の駅上品の郷に到着です。

道の駅上品の郷は22時までコンビニが空いていたり、ふたごの湯という温泉施設も遅くまでやっているため、とても過ごしやすいです。休憩コーナーも22時まで利用できます。レストランも19:30ラストオーダーでゆっくりと食事が楽しめるのもいいですね!

1380円でバイキングもありましたが、時間が遅くてやっていませんでした。このレストラン、17時を過ぎると注文できるメニューが減ります。それでも充実してる。

焼肉定食ですが、お肉3枚のボリューム。そして、ひじきの煮付け。ご飯・味噌汁・漬物で満足の出来る内容でした。


隣にローソンとエッソがあります。ここ、お風呂もあるしWiFi繋がるし(電波は弱い)長期滞在できるんじゃないかって。

道の駅むらやまが今まで一番の道の駅だったけど、道の駅上品の郷が超えました!!

ということで可能性は低いですが、長期滞在するかもしれません。もはや住めるレベル。道の駅で雇ってくれたら、このまま車中泊で住めるレベル。(何本か書きたい記事があるので、明日は留まろうかと本気で悩んでます)

15日目のまとめ

岩手から南下開始です。訪れた都市は37都市となりました。

東北地方は、3月下旬でも雪が降ります。氷点下の地域もまだまだあります。宮城県石巻市は雪は積もっていませんが、気温は低く、道路が凍結している箇所もあります。

「スタッドレスタイヤは絶対に必要」

です。もしくはチェーン。

タイヤチェーンは鎖タイプだとすぐに切れてしまうので、ゴムタイプが良いみたいです。

チェーンよりも、スタッドレスタイヤを装着するほうが確実ですね。

なんども言いますが、「3月下旬なら大丈夫だろう」なんて考えは通用しないのが豪雪地帯です。

現場からは以上です。

ってことで、3週間目が始まりました。少し神奈川県が恋しくなってきました。が、旅の終わりが見え始めて、それもまた寂しさが募っています。まだ帰りたくないです。

16日目以降は宮城の道の駅から宮城県庁を目指します。仙台ですね。仙台は独眼竜の伊達政宗が治めた地域。その前に松島も気になるところです。

ツイッターで状況を報告していきますので、ぜひツイッターをフォローして確認してみてください!

それでは!

16日目はこちら:日本三景の松島は本当に綺麗な景色だった【16日目】日本一周プリウスの旅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする