日本三名園のひとつ、茨城県の”偕楽園”は壮大な庭園でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ダウンロード (11)

こんばんは。りむです。

日本には、”日本三名園”と呼ばれる素晴らしい庭園があるのをご存知ですか?

  • 石川県:兼六園
  • 岡山県:後楽園
  • 茨城県:偕楽園

の三名園です。

今回、”日本一周プリウスの旅”の途中に、茨城県の”偕楽園”に立ち寄ってきました。

関連記事:さわやかのハンバーグは激ウマでした【スタート〜1日目】日本一周プリウスの旅

それはそれは、圧巻の庭園でした。すごくいいところなので紹介したいと思います。写真多めです。(スマホの写真で撮影しているので、ご容赦ください。デジカメ買おうかな…)


日本三名園とは?

日本三名園と聞いても

「はて?」

とピンと来ない方のために、補足説明です。

「日本三名園」もしくは「三名園」という言葉がいつ頃から使われ始めたのかは不明であるが、文献上では明治37年(1904年)に外国人向けに発行された写真集に既にこの言葉が使われている。なおこの三園の選定理由として、いわゆる雪月花の雪に兼六園、月に後楽園、花に偕楽園を対応させたものであろうとする説がある。ただし、三園ともに江戸時代に造営された池泉回遊式の大名庭園であり、この「日本三名園」には日本庭園における他の形式である枯山水や露地(茶庭)など、池泉回遊式以外の形式のものは含まれていない。

Wikipediaより

雪月花になぞらえて、日本の庭園の中から三園を選定したものです。

偕楽園は”梅の花”で有名な庭園です。まさに”花”。

水戸黄門を祀る”常盤神社”へ

偕楽園へ続く鳥居をくぐります。

鳥居をくぐると、”偕楽園”の前に、水戸黄門こと徳川光圀(水戸光圀)を祀る”常盤神社”がお出迎えしてくれます。

KIMG0355

鳥居に差し込む後光。ご利益がありそうですね。

KIMG0356

大きなクスノキがあります。”トトロの森”に出てきそうな大きなクスノキです。

KIMG0357

クスノキを正面から。

KIMG0358

”義烈館”があります。水戸黄門の歴史館となっています。こちらは入場料がかかりますが、水戸黄門の歴史を感じることができます。

武田鉄矢さんで水戸黄門が復活することも発表された今、この”義烈館”への来客も増えそうですね!

KIMG0359

義烈館の横には梅の木が。綺麗に咲いていました。

KIMG0360

梅の木の説明書きです。

KIMG0361

こちらの碑にもいろいろ刻まれています。なんて書いてあるかは読めませんでした。

KIMG0362

注意書きがありました。注意書きも細かいため、花粉症で目がショボショボのぼくには読むのは厳しかったです。

KIMG0363

鐘楼もありました。独特なカタチをしていますね。

KIMG0364

緑が生い茂っていて、見ているだけで気持ちよくなります壮大!!

KIMG0365

近くには、お花屋さんが。色とりどりの花が売られていました。もともと特別なオンリーワンたちです。

KIMG0366

神社の本殿です。”水戸黄門を祀る神社”を推しています。

KIMG0367

神社の鳥居をくぐってお参りします。

KIMG0368

関東の地を、”常盤神社”から見守ってください。

KIMG0369

後光が差しています。神聖な場所ですね。ミエナイチカラがぼくをいま動かしています。

KIMG0370

水戸黄門茶屋がありました。他にも屋台がたくさん出ています。たこ焼きからチョコバナナ、他いろいろ。お祭りみたいで楽しいですね!

”常盤神社”を抜けて”偕楽園”へ!

KIMG0371

東門です。こちらの門をくぐると、目の前に梅の木の樹海が広がります。壮大です。

KIMG0372

このままだと、どこからまわればいいのかわかりません。

門をくぐったところに案内板と”偕楽園の歩き方”のパンフッレットがあります。必須アイテムですね。ありがとう。

KIMG0373

写真だとわかりにくいかもしれませんが、梅の花が咲いています。

KIMG0374

ピンクと白の色合いが、周りの緑と相まって、幻想的な世界に誘います。

KIMG0375

広大な庭園。風が吹き抜けていきます。開放的で気持ちがいい!

春になると、暖かくなってくるので、日向ぼっこしたら気持ちいいだろうなぁ。うたた寝しちゃうだろうなぁ。

KIMG0376

向こうには池が見えます。ピンク・白の梅の花、緑の木々、青の湖、青い空、白い雲。なんだかここは俗世間とは違う場所のようです。

KIMG0377

立派な松の木です。歴史を感じさせます。

KIMG0378

道路を挟んで向こう岸には護国神社があります。

KIMG0379

庭園を回遊できる階段ルート。四季を感じながら庭園を散策する。

ここに日本特有の”侘び寂び”がありました。

KIMG0380

絶対に気持ちいい!ここでお昼寝したい!

KIMG0381

この景色を見ていると、嫌なことも忘れてしまいそうです。些細なことで悩んでいる自分が小さく見えます。

KIMG0382

注意書きがありました。高台のことを差しています。

KIMG0383

この風景。本当に日本なのか?本当に平成の風景なのか?

侘び寂び。いとをかし。

KIMG0384

寝っころがりたい。許されるなら、全力で寝っころがりたい。

KIMG0385

歴史を感じさせる屋敷と梅の木。最高の風情です。

KIMG0386

違う視点から。いとつきづきし。

KIMG0387

写真だとわかりにくいですが、綺麗なピンクの花が咲いています。

KIMG0388

蕾が可愛い。風情ありおりはべりいまそがり。

KIMG0389

この参道も風情。歩いているだけで力がみなぎってくる。なんだろう、この自然の力は。風情。

KIMG0391

梅の木の樹海。ここから、自分がどこにいるのかわからなくなるくらいの樹海スタートです。風情。

KIMG0392

緑とピンクと青のコントラスト。風情。これだけで作品になる。

KIMG0393

いっそ梅の木になってしまいたい。風情。

KIMG0394

綺麗に咲いていました。風情。

KIMG0395

ドラマのワンシーンに出てきそうでしょ?風情。

KIMG0396

樹海です。引き込まれていきます。どうしてこんなに壮大な庭園なんだろう?


おすすめの季節は4月です!

ほぼ写真でお届けしました。

3月下旬だと、まだ咲き誇っていないところもあります。おすすめの時期は4月中旬ごろです。

4月中旬ごろには、梅の花も咲き誇り、

  • 梅のピンクと白
  • 青い空
  • 白い雲
  • 緑の木々

この組み合わせが一番映えることでしょう。

そんな壮大な庭園を4月〜5月で楽しむことができれば、きっと”5月病”なんて吹き飛びます。

東門の入口にはお土産屋さんもあります。

ぼくは、

KIMG0400 KIMG0401

こちらの梅のお酒を購入しました。

”偕楽園”は梅の庭園です。庭園に縁のある梅のお酒は、きっと外れることがないでしょう!おすすめです!

「大きなスケールの風情を感じたい」という関東の方は、ぜひ週末に訪れてみてください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする