日本一周にかかった費用、プリウスの燃費は?【まとめ】日本一周プリウスの旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

images

全国の皆様、こんばんは。りむです。

とうとう旅の終焉を迎えたプリウスで日本一周の旅

ここから見た方は、ぜひ1日目から追いかけてみてください。

関連記事:さわやかのハンバーグは激ウマでした【スタート〜1日目】日本一周プリウスの旅

※この企画は、”Drive your dream!”でおなじみのトヨタ自動車の提供でお送りしたい願望満載ですが、いまのところ提供していただける予定はないです

今回はまとめレポートです。

ツイッターへのふぁぼ、地元の内容にリプなど反応くれた皆様。本当にありがとうございました!日本一周をする上でとても心の支えになりました!

日本一周にかかった費用は?

19日間の行程でかかった費用です。

  • 飲食代:35,386円
  • ガソリン代:37,641円
  • 駐車場代:6,350円
  • 有料道路料金:3,650円
  • その他:28,950円
  • 臨時出費:72,898円
  • 総額:184,875円

でした。

飲食代

1日平均で1,863円でした。ご当地グルメに手を出さずに、コンビニやファミレスで済ませたり、ご飯食べ忘れたりしていたのが金額に反映されてますね。

実際の旅行だと、ご当地グルメを楽しむ機会が多いと思うので、ここはもっと多めに見ておいたほうがいいんじゃないかな。

ガソリン代

ガソリン代に関しては、妥当なところかなと思います。距離・燃費に関しては後述します。

駐車場代

駐車場は、広島県で1,100円使って、朝まで寝泊まりしたので高くなっていますが、無料で停められる県庁も多かったので、そこまで高くなっていません。ただ、駅近くや有名店でご当地グルメを楽しむとなると、パーキングに車を止める必要が出てくると思いますので、申し越しかかるんじゃないかな?

有料道路料金

今回の旅は、”有料道路を使わずすべて下道でまわる”というのがコンセプトだったため、絶対に避けられない有料道路料金以外は発生していません。

発生したのは

  • 瀬戸大橋(ETC 往路:1,650円 復路:1,700円 往復で3,350円)
  • 関門トンネル(片道150円 往復で300円)

のみです。

高速道路を使わなくても、地方はバイパスや無料区間が結構多いので、比較的スムーズに移動ができます。神奈川から静岡あたりまでだったら、高速使わなくても国道1号線がほぼバイパスになります。途中にパーキングエリアがあったりもしますよ!

その他

観光費やお風呂・シャワーなどの雑費です。観光費込みなので1日あたりの金額を出しても微妙かもしれませんが、1,530円ほどです。

ぼくの場合、毎回お風呂ではなく簡易シャワーを使ったり、あまり観光にお金を使わなかったので、料金はそこまで高くなっていません。観光を楽しんだり、ホテル・旅館に泊まったり、となるとここの金額はもっと大きくなるので注意が必要です。

ちなみに、お土産代もここに含まれてます。

臨時出費

車のシガーソケットで使えるコンセント(2,700円くらい)とスタッドレスタイヤ(70,200円)が今回の旅の臨時出費です。(といっても必要経費ですが)

もともと、スタッドレスタイヤを持っていたり、コンセントも持っていれば、この金額はかからないので、総額も11万円くらいになりますね。

11万円で総額を考えると、1日あたりにかかる費用は1万円を切りますね!

総走行距離とプリウスの燃費は?

ハイブリッド車といえば、燃費の良さが売りですね。

実際、10年前の型式のプリウスはどれくらいの燃費を誇っているのか?

平坦な道、高速に近いバイパス、起伏の激しい山道、スタッドレスでの雪道。いろんな状況下で走り続けて導き出された燃費なので、かなり信憑性があるんじゃないかな?

走行距離

では、まずは走行距離から。

  • スタート時:23,600㎞
  • ゴール時:30,294㎞
  • 総走行距離:6,694㎞

となりました。結構走りましたね。そして、大台の3万キロ台に突入です。

日本を沿岸部からぐるっと一周ではなく、県庁と県庁を最短距離で結んだ距離なのと、沖縄・北海道を通過していないのでこの距離ですが、19日間で6,694㎞は結構な距離だと思うんですよね。

1日あたり352㎞走りました。高速を使わずに352㎞。睡眠時間や食事などの時間が1日に10時間あると仮定すると、他の時間での走行距離平均が1時間で25㎞です。延々と運転している感じです。それは疲れますね。休憩が必要なわけです。

ガソリンの総リッター数

この旅で給油したガソリンの総リッター数は297.52ℓでした。

19日間で9回ガソリンスタンドにお世話になっています。2日に一回はガソリンスタンドです。

プリウスは一度に給油できるガソリンの量が大体35ℓくらいです。実はそんなに入らないんだよね。

1リッターあたりの走行距離は?

いわゆる”燃費”ってやつですね。皆さん、気になりますよね?

1リッターあたりの走行距離は、

6,694㎞/297.52ℓなので、燃費は22.5㎞/ℓです。

10年前の型式、2万キロ以上走行しているプリウスでも、燃費は20㎞/ℓ超えるんですね!さすがハイブリッド!さすが世界のトヨタさん!!(広告、貼りませんか?)

ということは、もっと年式の若いプリウスだったら、もっと走ってくれるので、ガソリン代はかなり安くなりますね!軽自動車と遜色ない!というか、その辺の軽自動車よりも燃費いい!プリウス最高!!(広告、貼りませんか?)

買ったお土産たち

最後に、今回の旅で急に購入し始めたお土産たちです。

東北に入ってから飼い始めたので、それまでのお土産はありません。もったいないことしました。新潟の日本酒とか石川の日本酒とか長野のワインとか鹿児島の焼酎とか、もっと買っておけばよかったなぁ。

車旅ということもあり、冷蔵保存の必要なものは一切買えませんでした。なので、お酒多めです。

とちぎのいちごミルクパイ

栃木といえばとちおとめ。いちごですね。という安易な連想からとちぎいちごのミルクパイです。宇都宮餃子関連のお土産も考えたけど、いちごのほうがかわいいからこっちを採用。餃子パイよりもいちごのミルクパイのほうが喜ばれるかなって。

KIMG0344

きぬの清流 とちおとめ

こちらもとちおとめ関連。やっぱりね、いちごって、それだけでかわいいと思うんだ。いい年した大人のぼくでも、いちごのかわいさには負けちゃうんだ。

KIMG0345

四季桜 純米吟醸

栃木の宇都宮酒造が作っている日本酒です。四季桜って名前が季節感感じられていいでしょ?

日本の四季、春の桜。栃木ご当地日本酒なんだけど、これAmazonでも買えるっていう。

KIMG0346

苺のお酒

栃木のとちおとめを使った苺のお酒です。苺のお酒って、きっと外れないと思うんだ。そして、女の子は大好きだと思うんだ。だから、成人している女の子の知り合いへのお土産には最適だと思うんだ。これもAmazonで手に入るっていう。

KIMG0347

まほろばのリキュール 梅・桃・桜

これ、見た目がかわいいでしょ?

それでもって、梅・桃・桜って日本の三大ワクワクする花のいいとこ取りのリキュールです。これも外れないと思うんだ。口当たりよく飲めて、気持ちよくほろよい状態になれる逸品。

KIMG0348

さくら最中(4個入り) 三色最中(5個入り)

寿の三色最中本舗のさくら最中と三色最中です。

さくら最中は仙台では有名な最中のようですね。春の風情を感じることのできる最中です。三色最中も、贈り物として最適。なにより、日持ちします。

KIMG0349 KIMG0351

あさ開 特純

岩手の日本酒、あさ開の春限定商品です。こちら、限定商品はさすがにAmazonにはなかったです。冷やして飲む、お花見にもってこいのお酒です。

春限定のラベルが可愛らしくていいですね!

KIMG0352

桜顏 春しぼり

岩手の日本酒、桜顏(春しぼり)です。春限定の商品です。

こちらはさすが限定品。Amazonにはなかったです。

KIMG0353

七福神

岩手の地酒、七福神。名前からして、幸せを運んでくれそうな日本酒です。

ラベルが春らしい。ピンクと緑。写真に撮っておけばよかったなぁ。

KIMG0354

寒紅梅の雫

茨城の日本酒です。

見た目が梅酒っぽいでしょ?これ、梅酒じゃなくて、日本酒なんだよね。間違えちゃった。でも、そうとう美味しいらしいから楽しみです。

KIMG0400 (1)

百年梅酒

こっちは梅酒。間違えなかった。梅酒って美味しいよね。口当たりがいいからどんどん飲んじゃう。そのままロックでもいいし、ソーダ割り、お湯割り、なんでも楽しめるのがいいよね。

KIMG0401 (1)

結構、Amazonで手に入るね。その土地で探して買う楽しみもあるけど、

「また飲みたい!」

ってなった時にすぐに取り寄せられるのはいいね!時代の進化、ありがとう!

終わりに

今回、”ストイックに庁舎をまわる”と決めて、序盤はハイペース。途中から観光を挟み、最後はやりたいことをやりながらゆっくり進みました。

この記事を書いている現在、千葉の木更津でも積雪が観測されたり、栃木の那須のスキー場では雪崩が起きていたり、東北も雪が降ってたり、関東北部も雪、関東平野部・首都圏でも冬のような寒さ、と移動するのが困難な状況になっています。

そう考えると、無事故でこの旅を終えられたのは本当によかったし、序盤のハイペースがなければ、豪雪地帯で足止めだったかもしれません。もしかしたら、まだ半周も終わってなくて、九州にいたかもしれませんが。

もっと、いろんな観光地だったり世界遺産、日本の遺跡などを巡ればよかったかなとも考えました。

ただ今回の目的である”都府県庁をみる”という、普通の人だったらきっとやらないようなことをやってみて本当によかったなと思います。

青森県だけは、修繕中で実際の目で見ることはできませんでしたが、これから都府県庁の説明をするときに、「滋賀と京都は20㎞離れてないから自転車でもいける距離」とか「大津と津の違いは京都に近い方が大津」とか説明がしやすくなりました。

それに、3月でも東北は雪が普通に降るという、今まで自分の中にあって覆された常識。高知県の”大歩危・小歩危”は夜走る場所じゃない。仙台育英はめちゃめちゃ綺麗。他にも自分の目で見て、自分の肌で感じて、それでやっとわかった日本のことがたくさんありました。

ただね、それでも3月の日本しか知らないからね。今度は、季節を変えて、行動方法も変えて、日本をまわろうと思います。

総じて楽しい時間を過ごすことができました。この旅の動向をTwitter・ブログで追いかけてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

これにて、プリウス日本一周の旅レポートは終わりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする