新卒で内定もらった会社の宿泊研修で精神的に追い詰められて洗脳されそうになった話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

images (1)

こんばんは。りむです。

4月になりましたね。新卒で就職した新人会社員の皆様、いかがお過ごしでしょうか?

社内研修中の方も多いのではないでしょうか?座学研修がメインで同期の人と仲良く楽しく研修中ということを心の底から祈ってます。

ぼくが新卒で就職活動していたのも、もう10年前のお話です。4月になると、たまに思い出します。

新卒で内定をもらっていた会社の大学4年生の12月に行われた2泊3日の宿泊研修を…。

研修に参加していた新卒の9割近くが、研修の最後に号泣し、先輩社員たちと熱く抱擁した、あの研修を…。

新卒の方を脅したいわけじゃないですが、こんな会社もあるんだよっていうのを知ってもらえたらいいなと思い、お話してみます。



悪夢の宮崎研修は、宮崎空港からはじまった…

その前に、この企業のことを少しだけ。

大阪に本社があり、東京支社・宮崎研修センター。そして全国に事業所を持つ、小売企業でした。

ここ、内定が出るまでもメチャクチャ早い企業だったんですね。大学3年生の12月に内定もらいました。大学同期の中ではダントツでトップの内定スピードです。それもそのはずで、ほとんどの学生はまだ面接にすら進んでいない時期でしたから。

この時点でおかしいなと気づけばよかったんですが、チャラチャラ大学生ですから。

「ウェーイ!!内定ウェーイ!!」

とか言ってました。その後も就職活動は続けましたが、この企業内定をそのまま保留していてもOKだったんですよね。

で、年収も良いんですよ。スタート1年目で総合職600万円。3年でマネージャーになると1000万円。

こんな良い部分しか見ていなかったので、後々痛い目を見たんでしょう…。自業自得ですけどね。

そして、12月の宮崎研修。

羽田空港を出る時までは和気藹々やってたんですよ。みんな。

で、宮崎空港につき、全員集合して。空港でいきなり何班かにわかれてミーティングが始まったんですね。研修センターに行く前に。

そこで、話があったのが、会社のルールです。うろ覚えなので全部は書けませんが、確かここで

  • 入社後マネージャーになるまでは先輩社員との共同生活
  • マネージャーになるまで自動車は買ってはいけない
  • 喫煙者は能力が高くてもマネージャーにはなれない(研修中も禁煙)
  • 勤務時間は8時〜21時が基本
  • 先輩からのアドバイスは帰宅後に
  • 休みは週に1回
  • 研修中は携帯電話の使用禁止

あと、他にも言われた気がしますが…。ざっとこんな感じです。どう考えてもブラックですよね。ちなみに、会社のルールはこれだけではなく、研修中も増え続けます。

朝6時起床 地獄の10キロマラソン

研修中の朝は早い。6時に起床し全員集合。6名(男:3名 女:2名 サポート社員:1名)のチームで10キロマラソンからスタートします。

マラソンにはルールがあり、チーム全員でスタートし、チーム全員でゴールしなければいけません。

全員でやり遂げてチームでの達成感を共有するっていう手法です。

ただね、後述しますが前日のぼくたちの睡眠時間は3〜4時間です。その状態で朝から10キロ走るって結構過酷なんですよ。もうね、文句のひとつでも言いながらチンタラ走ってやりたい気分です。

お分かりのことと思いますが、サポートの社員が1名一緒に走ってますね。そういうの防止策です。ネガティブな話は一切出させない環境。徹底してますね。

朝から10キロマラソンは、体力奪って、後々の研修でムダなこと考えさせないようにしようという策略だったのかもしれません。



食事は上司が食べ始めてから その場の一番偉い人が食べ終わったら終了

なんですかね、このルール。

その時の研修は、専務が一番偉い人だったのかな?

専務が来てから、食べ始めるまで待機。しかも、座って待機ではなくて、立って。専務が座って良いよと言うまで立って待機。どこのソルジャーだよ。”上司が席を立つ→以下、社員もみんな立つ”っていうルールがありました。

朝ごはんはね、10キロマラソンの直後だから、若干気持ち悪いのね。でも食べないときついじゃん?でもすべては専務のタイミング次第。

半分くらい残ったままで朝ごはん終了だよ。

あ、あとね、お昼ご飯で納豆が出るんだけど、納豆も混ぜすぎるとめちゃくちゃ怒られるの。

「混ぜすぎると匂いが強くなるから、10回まで」

みたいな、ね。これも偉い人が絶対だから、そう言われたらそれがルール。

あ、そうそう。ご飯を食べる順番とかも。はじめにどれ食べて次に…みたいな。

そこまでされると、まったく美味しくないからね!!でもね、ヘロヘロになってるから、言われたことをそのままトレースするしかないのもう、他のこと考えたくないの。専務バンザイ!!

夜は、常にバーベキュー。18時くらいから始まって、ビールとかお酒も出てきて、2時間くらい延々宴会。先輩社員には飲まされるわ宴会芸みたいなの全員やらされるわ。

「大学生なんだから、なんか面白いことできるでしょ?」

みたいな雰囲気ね。

あっ、これすべったり意味わからないことやるとガチ説教されるから注意。萎縮するわ!!

お風呂は20時〜21時の間に 時間は15分感覚です

これは女性社員のタイムテーブルはわからないんだけど。

男性社員は15分×4セットの入れ替え制です。5〜6人+サポート社員で入れ替え。ここもサポート社員が一緒で徹底されています。どの瞬間も、愚痴や文句、ネガティブな会話はさせない。

そんな会社の思惑。

風呂くらいゆっくり入らせろ!中高生の修学旅行だって、もっと時間に余裕があるぞ!!

さっと入って、さっと体洗って、さっと出る。じゃないと時間通りに動けない。

お風呂に入る前も、お風呂から出た後も、サポート社員は常に近くにいます。そして話しかけてきます。話す内容は、基本仕事の話です。いままでどんな仕事をしてきたか、その内容を延々と繰り返します。

そうこうしているうちに、21時。全員の入浴が終わります。

21時以降の時間の使い方?

24時まで研修だよ!!(バーベキューで酒飲んで、お風呂はいってからも続く研修…)

研修内容は?

午前中は、座学メインです

朝の10キロマラソン、そして朝食が終わると、午前中は座学です。

会社の歴史、理念の確認、仕事内容、ビジネスマナー、座学で学びます。午前中は、睡眠時間の欠如と10キロマラソンの疲労で困憊状態。そこに一番眠くなる座学です。あえて狙ってるんでしょうね。

ちょっとでもウトウトしようものなら、

「おい、◯◯!立て!いまウトウトしていた理由を説明しろ!」

と怒号が飛んできます。怖いよ…。

そして、「申し訳ございませんでした」と謝罪。もちろん、謝罪の内容に納得してもらえなければ、もう一度内容を説明し直します。一発での謝罪合格はありません。

吊るし上げです。

午後は、なんかテストとかそんな感じの時間です

午後は午前と打って変わってテストとかが続きます。

午前中にやった座学内容のテストです。テストといってもペーパーテストではなく、内容をどれだけ暗記できているかの口頭テストです。

まず、サポート社員を含めたチーム全員で午前ゆうの復習をします。そして暗記。会社の仕事内容や理念を暗記できたら、試験管(専務・エリアマネージャー)の元へいき、聞かれたことを元気よく、丁寧な敬語で、大声で答えます。

ここでのポイントは、

  • 内容を一語一句正確に入れるか?
  • 元気よく、大声で答えられているか?
  • 笑顔か?
  • その他、暗記項目以外で聞かれたことに丁寧な敬語で答えられているか?

です。上記のポイントのうち、ひとつでもミスしたり抜ければその場で終了です。内容が間違っていなくても、声が小さければ不合格です。変な敬語を使った瞬間に不合格です。

理不尽極まりない。

そして、チームのメンバーのうち、誰かひとりでも失敗すれば、全員不合格でやり直しです。全員が合格するまで練習→テストは繰り返されます。

失敗するごとに、その場でサポート社員が専務に激しく怒られます。

「お前が、ちゃんとメンバーを合格に導けれいないからだ!」と。

そして、サポート社員は言います。

「私の実力不足です。次は必ず合格できるようにサポートします!」と。

だんだんと、サポート社員に申し訳なくなってくるんですね。「こっちができてないのが悪いのに…」って。

で、合格すると、全力で喜んでくれるし、練習中もすこしでもできるようになると褒めてくれる。専務やエリアマネージャーにはメチャクチャ怒られているので、些細なことで褒められると嬉しい。

完全に洗脳され始めてます。サポート社員が神のように見えます。

そんなこんなで、テストに合格すると、チームみんな若干の涙目です。


入浴後研修は、ロールプレイング

入浴後は、仕事内容のロールプレイング練習。

実際にお客様に商品を購入してもらうまでのフローの確認。セールストークの練習。

仕事内容は、テレビショッピングのような実演販売が主なので、そのフローを徹底的に確認します。

初日の夜は、先輩社員の実演を確認。そして2日目と3日目は実際にやってみる。という行程です。(3日目は午後の研修がすべてこれに当たります。合格するまでやり続けます)

この準備がた変なんですよね。24時まで研修でロールプレイの練習なんですけど、1日目は先輩社員がやった内容をそのままトレース。2日目は通しではなくて、フローをチェックしながら進むんですね。

で、気づいたら24時。1日の研修が終了します。

24時以降?寝れません…

24時になり、研修は”一応”終了です。

その後は自由時間です。自由時間は、次の日のロールプレイの内容をチームメンバーで考えます。というか、

「明日は各チームでやってもらうから、紹介する商品とそのフローを決めておいてね」

はっ?えっ?いつやるの?

ということで、やらざるを得ません。もちろんサポート社員もいます。

いま思えば、サポート社員も屈強な精神と体力の持ち主だよなぁ。たぶん、各チームの確認が終わった後に社員同士で摺り合わせとかミーティングしてただろうから、寝てないんじゃないかな?

チームでのロールプレイの内容確認は、だいたい2時くらいまで続きます。2時というのは、体力の限界でこれ以上できないていう時間です。

終わったら、一瞬で寝るよね。

で、朝6時起床です。

フィナーレは、感動の涙の嵐!!これはムリだと悟った瞬間

そんな研修を通じて、最後ロールプレイに全チームが合格し、残すプログラムは、

”今後の決意表明”

の発表です。

3日間やりきった達成感と、最後の最後で優しい言葉をかけてくれる専務・エリアマネージャー。そして社長の登場。

研修者全員に一言ずつ言葉をかけていきます。

そして、その言葉に号泣するような空間。サポート社員も泣いています。

その瞬間だけ切り抜けば、感動の場面です。ほとんどの社員が、「入社して、この会社に貢献できるように頑張ります!この研修で学んだことは決して忘れません!この研修を突破できた自分はなんでもできると確信しています」と泣きながら話し、拍手が起こります。

この時、ほとんどの研修者が疲労困憊で細かいことを考えられなかったんでしょうね。開放感と暖かい言葉たちにたいしての感覚マヒ。

ぼくは、この感動の決意表明を聞いていて、

「なんか、おかしいな…」

と感じてしまいました。

これから先、過酷な労働時間と、先輩社員との共同生活がまっている。自分の時間なんてそこには存在しない。本当にこれでいいの?研修よりキツイことはない?研修は3日間だったけど、これがこの先何十年って続くんだよなぁ?

って思ったら、もうね、その場から逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。

そんな感動の嵐の中、なぜか冷静になったぼくは、まず”泣いてない”研修者を探しました。いるんですよね。泣いてない研修者が他にも。なんだかほっとしました。

そして、帰路へ

この会社の素晴らしいところは、羽田に着くまで、必ず誰か社員が一緒にいることですね。携帯のメアドも番号も交換させないぞっていう。

この徹底ぶりには感服しました。後々、内定者間でいろいろ話されても困るっていうのがわかってたんだろうな。

ぼくは、羽田について解散してから、東京チームの”泣いてない”人に声をかけてみました。そして、蒲田で降車。実際どうなんだ?と。

疲労困憊なのに、羽田に着いたのが22時くらいだったのにも関わらず、一緒についてくてくれた人たちには感謝ですね。

で、3人でそのまま飲みに行って、話聞いてみたら、

「俺もおかしいと思って」

なんて言葉が。まぁ、そうだろうって人だけ呼び止めて話したんですけどね。

結局、この3人中ぼくをふくめて2人は内定辞退。ひとりは入社したんですけど、1年で退社。退社のときに聞いた話は想像を絶するような世界でしたね。

ぼくも一歩間違えたら、精神を消耗していたあの状態で、そのまま入社して洗脳されていたかもしれません。

あの時、一緒に研修を受けた人たちが10年たってどうなっているのか?まだあの会社で働いているのかどうかわかりません。でも、

「おかしいな…」

と思ったら、迷わずその場から方向転換するというのも大事なことです。

「やってみなきゃわからないから」

とか

「まずは3年やってみたら?」

とか

そんな言葉は、全員に当てはまるものではありません。自分が、

「これ、違うな…」

と思ったら、その直感を信じてみてください。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする