【まとめ】ブログ中級者になったらGoogleアナリティクスの機能をいろいろ使ってみよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

20150927020701

ブログ運営をしている人なら、避けては通れないツールの中のひとつにGoogleアナリティクスがありますよね?

毎日、アクセス数を見ながら、

「昨日よりアクセス増えた!」

「先月のアクセス数から2倍になった!」

「今月10000PV超えた!」

とか、一喜一憂。気づいたらいつも見てしまっている禁断の中毒性が高いツールですね。でも、「この瞬間が最高に楽しい!」って思える瞬間なんだよね。瞬間の瞬間。

今回は、ブログに慣れてきて、「そろそろ中級者を名乗っちゃおっかな!」って思っているブロガーの方に、Googleアナリティクスのいろいろな機能の一部分を紹介します!

ブログ始めたばかりの方はこちらの記事をどうぞ!

関連記事:【まとめ】ブログ初心者がおさえておくべきGoogleアナリティクスの使い方

地域ごとのアクセス数 さらに読まれている記事の分析

地域ごとのアクセス数は初心者まとめでも書きました。

「どこからのアクセスが多いかな?」

って調べる方法ですね。ぼくのブログには大阪の人が結構来てくれています。嬉しい限りです。

「でもどの記事を読んでくれてるんだろう?」

って気になりませんか?

気になりますよね。ぼくはちょっと毛色の違う内容で気になって、アメリカのアッシュバーンっていうダイの大冒険に出てきそうな名前の地域から21件ものセッションが来た時に震えながら思いました。「いったい、どの記事にセッションしたんだ…」と。

その時に身につけたんですけどね。このアナリティクスの使い方。

調べ方は、

  1. レポートの”ユーザー”を選択
  2. 概要を選択し、ユーザー層を市町村まで掘る
  3. 気になる地域を選択
  4. セカンダリディメンションの行動からページタイトルを選択

これで、各地域別の詳しい情報が手に入ります。

13日の大阪からのセッションを調べてみると、

  1. ダラダラ続くLINEを終わらせるとっておきの方法とは?
  2. ”アクアメール”とかいうアプリが勝手にスマホのショートカットに現れたので、対処法を書いておく
  3. 偏差値40だった僕が1年で偏差値56まで上げて大学に合格した話

の順でセッションが集まっています。

13日の名古屋からのセッションを調べてみると、

  1. ダラダラ続くLINEを終わらせるとっておきの方法とは?
  2. 【社会人からの学校教員】社会人におすすめの通信大学はどこ?3大学比較!!
  3. 新社会人へ 入社したら、まずは社会のルールを覚えとけ!

となっています。地域によって、アクセスする記事が違うのも面白いですね。

アクセス元のネットワークドメインを調べる

ぼくのようにアメリカの聞いたこともないミストバーンなのかキルバーンなのかアッシュバーンなのか、よくわからない地域からのアクセスが集中していて、ブルブル怯えるように過ごすことになってしまった時に、”アクセス元のネットワークドメイン”を調べることは超重要です。

調べ方は、

  1. レポートの”ユーザー”を選択
  2. 概要を選択し、ユーザー層を市町村まで掘る
  3. 気になる地域を選択
  4. セカンダリディメンションのユーザーからネットワークドメインを選択

これだけです。そしてそのネットワークドメインをコピーして、Googleで検索すれば何が怒っているのか、アクセス元は何なのかがわかります。

ちなみに、13日の大阪のアクセスは、auからのアクセスが多いですね。ネットワークドメインでこんなことまでわかります。

もともと、一番アクセスの多い端末がiPhoneなので、auのiPhoneからこのブログにアクセスしてくれている人が多いということですね!iPhoneはデジカメに負けないくらいの画質と機能らしいので羨ましいです。

地域ごとのアクセス端末を調べる

モバイル端末でiPhoneがダントツに多いことはわかりました。そして、大阪ではauからのネットワークドメインが多いこともわかりました。

でも本当に大阪からのモバイルアクセスはiPhoneが多いのか?

それも調べることができます。

調べ方は、

  1. レポートの”ユーザー”を選択
  2. 概要を選択し、ユーザー層を市町村まで掘る
  3. 気になる地域を選択
  4. セカンダリディメンションのユーザーからモバイル端末の情報を選択

これだけです。

13日の大阪は、

  1. iPhone
  2. iPad
  3. AQUOSフォン

の順番で多いですね。それも、iPhoneが圧倒的です。

となると、広告はAndroid用のアプリではなく、iOS用のアプリに特化したほうが良さそうですね。とか考えられるわけです。考えるの楽しい!

Googleアナリティクスは可能性無限大!!

無限大かどうかは、すみません言い過ぎました。

ただ、調べたいことや知りたいことはだいたいできるのがアナリティクスの良いところです。

自分に必要な情報は、触ってみて、探してみればたくさん出てきます。

みなさんも、いろいろ触ってみて試してみてください!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする