【リゾバ導入編】『リゾバ検討中!』これをやらないとあなたはリゾートバイト先で必ず後悔する!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

「リゾートバイトをしてみたい!」

「働きながら、リゾートも満喫したい!」

リゾートバイトは、仕事をしながらリゾート観光も楽しめてしまう『一石二鳥』なお仕事ですよね!

でも、どうやってリゾバを探せばいいのか…。何を確認すればいいのか…。

はじめてのリゾバ。わからないことがたくさんあると思います。そして「わからないことだらけすぎるし、なんか怖いからやめておこう…」ってせっかく検討したのに検討だけでおっわってしまう…。そんな人も多いのではないでしょうか?

そんな、リゾバ初心者のあなたに、『まずはコレを確認しよう!』というリストを作成しました!ぜひこの記事を参考にしてもらって、リゾバで仕事も遊びも満喫してください!

関連記事:【リゾートバイトまとめ】初めてのリゾートバイト。その前に確認しておきたい大事なことまとめ!

リゾバを検討したら『地域』『期間』『職種』を決めよう!

リゾバに行ってみたいと思ったら、

  • 地域(北海道・沖縄・長野 など)
  • 期間(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月以上 など)
  • 職種(旅館の仲居・ホテルのフロント・飲食店ホール など)

をあらかじめ決めておきましょう。

もし、職種に対してのこだわりがないのであれば、地域と期間だけでも決めておきましょう。はじめてのリゾバは不安が大きいと思います。いきなり『3ヶ月』で探したりすると、仕事内容が自分に合わなくて『辞めたい…』と思っても契約期間中は辞められないケースもあるので、後々後悔します。

はじめてのリゾバで後悔しないためには『1ヶ月』の期間で設定するのがベストです。

『1ヶ月』での契約の場合、もちろん『1ヶ月』で終了することもできますし、「ここでもうちょっと続けたいな」と思ったら契約の延長ができる場合もあります。ほとんどの派遣先では契約延長が可能です。ぼくも初日に打診されました。派遣先の職場も短期間より仕事を覚えてもらって長期間でやってもらいたいという気持ちがあります。

が、初日の段階で打診されても「やってみてから考えます」と話せば大丈夫です。ここで「延長します」とか調子のいいことを言ってしまうと後々後悔することになります。

ムリはしないように!

リゾバ派遣会社に登録しよう!

地域・期間・職種が決まったら、リゾバの求人を探しましょう。

求人の探し方は2種類。

  • 現地の求人を自分で探す
  • リゾバ派遣会社に登録する

ぼくが派遣された長野の旅館は、派遣ではなく旅館に採用されている仲居さんが多かったです。地元の人だったり周辺の人は直接働きに来ているようです。

ただ、直接探そうにも土地勘のない人では難しいのが実情ですよね?

リゾバをするなら、リゾバ派遣会社に登録して求人を紹介してもらったほうが無難です。自分で探すとなると時間もかかるし効率も悪い。なら自分の希望を派遣会社に伝えて求人案内をしてもらったほうが手っ取り早いです。

派遣会社への登録は無料ですし、自分の希望に合わない内容なら断ることもできます。いくつか候補を挙げてくれるので、その中から選ぶことができます。

ぼくは、「この中から選んでください」と言われ、はじめに案内された20件ほどの案件をすべてを断ってもう一度探してもらいました。自分の中で納得のいかない案件だったら受けなくて大丈夫です。

「これでいいかな…」くらいの気持ちで行くと、絶対に後悔します。納得いくまで紹介してもらいましょう!

どこのリゾバ派遣に登録すればいいの?

『リゾートバイト』で検索すると、たくさんのリゾバ派遣会社がヒットします。

そうなると、次の悩みは

「どこのリゾバ派遣会社に登録すればいいの?」

ですね?

はじめに断言してしまうと、どこでも同じです。変わりません。リゾバ派遣会社で仕事するわけではないので。自分のフィーリングでいいと思います。

アルファリゾートさんは求人案件も多く時給も高めなので、ぼく自身としてはおすすめです。

仮登録はネットからできます。登録の指示に従って入力すれば、

  • メール
  • 担当者からの連絡

が入るので、その指示に従って登録を終了させます。

本登録に関しては、

  • ネットでの履歴書登録
  • 直接事務所に行って登録

の2通りの方法がありますが、ぼくはすべてネットを通して行いました。担当者の方とは一度も顔を合わせたことはありません。電話とメールでのやりとりだけです。

【最重要】担当者に要望をすべて伝えないと後悔するよ!

登録が終わると、要望を伝えるフェーズに入ります。

ここが最重要ポイント!ここで自分の要望を伝え切らないと本当に後悔することになります。

現地に着いてから「こんなはずじゃなかった…」なんて後悔したくないですよね?

では、必ず確認してほしいこと、伝えてほしい要望をリストで紹介します。納得できる案件が紹介されるまで諦めてはいけません!!

希望の地域はどこ?

リゾートバイトの目的は、『働いてお金を稼ぐこと』だけではありません。お金を稼ぎたいだけなら家の近くの求人を探したほうが手っ取り早い。

ぼくたちの目的は『働いてお金を稼ぎながら、旅行も楽しんじゃう!!』という一石二鳥なお仕事をすることです。

なので、自分が行きたい地域は譲らないこと。決して妥協しないこと。

候補はいくつかあってもいいと思いますが、全然興味のない地域に行っても仕方ないので、ココは譲らずはっきり伝えましょう。

ぼくのおすすめ地域は『長野』『神奈川』です。あと行ってみたい地域は『北海道』『沖縄』『八丈島』ですね。

『長野』に関しては、実際にリゾバできた地域ですが、自然がキレイです。ぼくがきている地域は、立山黒部アルペンルートの雪景色が見えます。本当に気持ちの良い地域です。

『神奈川』に関しては、ぼくが大好きな街ってだけなんですが…。箱根もいいし江ノ島もいいですよ!湘南の海が好きなので、次は江ノ島のリゾバしようかなって考えてます。(もともと湘南地域に住んでたのでリゾート感はまったくないですけどね…)

地域を妥協して「まぁ、ここでもいいかな…」って決めちゃうと限りある大切な時間を浪費することにもつながりかねないので、後悔しなようにしてください。

働く期間はどれくらい?

登録の際に言われるのが

「できれば長期で続けてほしい」

ということ。

ですが、はじめてのリゾバで長期間働くことはおすすめしません。先述しましたが『自分に合わない』と思ってしまったら、その後の仕事が苦痛になります。「早く帰りたい…」なんて思いながら仕事をするのってイヤでしょ?

沖縄だと『6ヶ月以上』とかいう仕事も多いです。避けましょう。

ぼくははじめてのリゾバの契約は『1ヶ月』にしました。契約延長も示唆されていますが、延長はしないかな。長く働くことが目的ではないし、行きたいところをまわれたらそれで十分。

まぁもともとフリーランスでの仕事がメインなので、長く続けるメリットはあまりないんですけどね。

どんな仕事内容なの?

仕事内容も重要です。

  • 調理スタッフ
  • ホールスタッフ
  • ホテルのフロント
  • 旅館の仲居
  • ナイトワーク

など、職種は様々です。自身の経験を活かして働くこともできますし、まったく未経験の仕事に挑戦することもできます。

ぼくは、まさかの『旅館の仲居』を選択。旅館の仲居さんって、みなさんもイメージできると思いますが、基本は女性。ぼくの旅館の仲居さんもぼく以外はすべて女性です。『女社会』で男が働くのはなかなか…。

ただ、いままで知らなかった『常識』みたいなものを知ることもできました。『法要の席では着物は紫』とか『食前酒は白か透明なもの』とか、ね。普段の生活では絶対に知ることがなかっただろうな。

仲居さんの仕事のいいところは、礼節を重んじる接客を学べるところです。ぼくは案外だらしない性格なので、TPOをわきまえた接客を間近で見ることができるのはいいなって思いました。就活にも活かせるよ!

温泉も入り放題だしね!!

仕事で使う必要のあるものは?

仕事の服装。これも確認必須です。

自分のスーツやスラックスを持ち込まないといけない職場だったり、制服は用意されているけどサンダルや黒Tシャツが必要という職場もあります。

働きに行ってお金を稼ぐのに働くためにお金を使わなければいけないなんて切ないよね?

できる限り自分で揃えるものが少ない仕事を選択するのもひとつのポイントです。

ぼくは、ワイシャツやスラックスなど、自分のものを持ち込まなくてもいい環境を選びました。それでも黒Tシャツなどは購入したので、お金かかってますけどね…。

実際に揃えたものに関しては、【事前準備編】で詳しくお話しします。

寮の形態は?WiFi環境は?

これも確認を怠ると散々な目にあいます。

「地域・職種だけで選んで、いざ入寮してみたら部屋が汚い…。」

「まさかの相部屋だった…」

なんてことが起きたら最悪ですよね?

寮に関しての確認事項は

  • どれくらいの間取りなのか?
  • 個室かどうか?
  • 洋室か和室か?
  • 部屋にお風呂は付いているか?
  • 部屋に付属されているものは何か?
  • ネット環境はあるか?
  • 食事は?

ってところですね。ここでちゃんと確認しておけば、入寮前に準備しなければいけないものが明確になります。

個室は絶対に譲れません。相部屋だとひとりの時間がまったく取れない。ストレスですからね。

WiFi環境も重要です。パソコンとWiMAXを持ち込んでも、いざついてみたらWiMAX圏外なんてこともザラです。特に温泉郷はネットが繋がらないので、フリーWiFiの完備は最重要項目です。

あと寮内は基本的にほぼ何もないと思ってください。生活に必要なものは自分で持ち込みます。詳しくは【事前準備編】にて。

給料15万でも家賃・光熱費・食費タダだから実質30万くらいの暮らしができるリゾバは本当におすすめ!

ここまでがリゾバ検討から登録までの一連の流れです。

ぼくが列挙した確認事項の他にも気になることがあれば必ず伝えましょう。

リゾバは

  • 寮費は無料
  • 食事は無料

が基本です。

家賃・光熱費・食費だけでもひとり暮らしだと15〜20万くらいかかるので、月の給料が15万だとしても30万くらいの暮らしができると考えていいんじゃないかな?それでいて観光もできるわけだから結構美味しいよね!

数々の要望を伝え、自分に合いそうな派遣先が決まったら、申し込みをしてもらいましょう!無事、内定が出たら、契約期間から勤務開始です!

次は内定から勤務開始までに用意しておくべき【事前準備編】です。

関連記事:【リゾバ準備編:物資】リゾートバイトに行く前に…これだけは絶対に準備しておこう!!

リゾートバイトならアルファリゾート!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする