【勤務前に…編】リゾートバイト開始前に担当者に必ず確認しなければいけないこととは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

これまで仕事を始める前の準備、現地周辺の調査に関してお話ししてきました。

関連記事:【リゾートバイトまとめ】初めてのリゾートバイト。その前に確認しておきたい大事なことまとめ!

今回から、実際に仕事内容のお話になります。まずは仕事を開始する前に担当者の方に確認しておかなければいけないことがあります。【勤務前に…編】をお届けします。

リゾバ先を探すときに、

  • 仕事内容
  • 勤務時間
  • 待遇(時給・福利厚生 など)
  • 設備(寮の形態・インターネット設備 など)

を派遣会社に確認していると思いますが、派遣先との認識のズレがあるかもしれません。

あとになって「そんなはずじゃなかったんだけど…」とならないように、勤務前に確認することが重要となります。



確認その1:仕事内容は?

まずは仕事内容の確認です。

ぼくは『旅館の仲居』でリゾバを探してみたものの、仕事内容はまったく知りません。強いて言えば、昔TBSのお昼の時間帯に放送していた『温泉へ行こう!』を見てたくらい。それ以上の知識はありません。

このドラマ、超好き!!

なので、ぼくにとっての『温泉の仲居』という仕事の知識は、

  • 部屋の掃除
  • 温泉(お風呂)の掃除
  • お客さんの出迎え・部屋案内
  • 料理の配膳(部屋へ)

くらいです。あとは、旅館で起こる謎の人間模様。仲居さん達は怖いってくらい。

「実際の仕事内容って何やるの?」

って感じでした。

なので、打ち合わせで確認。

実際の仕事内容は、

  • 宴会場のセッティング
  • 料理の事前セット
  • 宴会場への誘導
  • 宴会中の後出し料理の配膳
  • 食器の下膳
  • ドリンクの提供
  • 後片付け

でした。結構やることあるね…。でも、メインは宴会場のみです。(他の仲居さんはお部屋案内もしてましたけどね)

あっ、仲居未経験の人は「わたし未経験なんですけど大丈夫ですか?」ってちゃんと聞いた方がいいよ!ぼくも聞いたんですけど、その時に

「えっ?経験者じゃないの?まったくやったことない?困ったなぁ…」

って言われました。表情が曇りました。どうやら経験者だと思っていたようです

どこで情報が食い違った?まったくの未経験だぞ?

「飲食店の接客経験は?人と接した経験は?」

と聞かれたので、「飲食店経験2年(店長経験あり)。塾で保護者・生徒対応8年(マネージャー経験あり)」と伝えたところ、なんか安心してました。

いやいや、仲居の仕事知らねぇからな?おかげで客室は免れました。

確認その2:職場環境は?

これも重要。職場の雰囲気・環境って『仕事を続けられるかどうか』ってところに直結します。環境が悪ければ、契約期間をまっとうすることはできません。仕事が辛くなるからね。

リゾバには、

  • はじめての土地
  • はじめての仕事
  • はじめての環境

という『はじめてづくし』が待っています。

普通のバイトだったら、合わないなと思った時に

「すみません。仕事続けられそうにないので辞めます」

って言えるけど。リゾバは契約期間があるし、知らない土地にきてるから簡単に辞められない。

この問題を少しでも軽くする方法は『事前の情報』をどれだけインプットしておけるかどうかにかかってます。知っているのと知らないのとでは全然違いますからね。

ぼくの場合、仲居の仕事は、

  • 覚えることが多くて1ヶ月くらい大変
  • 女社会で仲居さんの言葉遣いも荒々しい時がある
  • 若い仲居さんはほとんどいない
  • ベテラン仲居さんの言動がキツくて途中で辞めてしまう若い人が多い
  • 人手不足が深刻
  • できれば長くいてほしい

という情報をキャッチ。

「女社会だけど大丈夫?結構キツイよ?」

って直前に言われても困るんだけど…。大丈夫じゃねぇよ…。

でも、この情報を総括して、仕事上で起こりうる事象を整理すると、

  • 仕事中に仲居さんの言動でイラっとすることがあるだろう
  • ムカつくのはデフォルト イラっとしてもしょうがない
  • イラっとする言動よりも、よくしてもらったことを思い出すようにしよう
  • 仕事の質問に対して優しく教えてくれる人を探そう
  • 優しい人を見つけたら、基本ベッタリ張り付こう
  • とりあえず、なんでも確認しまくろう
  • 文句言われたら聞き流そう たぶんすぐに忘れるはず
  • リゾバの契約延長の返事をすぐにすると自分の首を絞めかねないな
  • 人不足ってことはガッチリしたマニュアルはないはず
  • 基本仕事はマンパワーで人によって言ってることが変わるな

って感じで、仕事前に環境のイメトレ。

まさにその通りでした。

全然安定してない。マニュアルなんてあるようでない。人によってやり方が異なる。

うん。これ何も知らないで、仕事中の忙しい時にやられて、しかもきつい言動浴びせられたら若い子は続かないな…。(でもね、キツイ言葉は浴びせられるけど、根はいい人たちばかり!優しくしてもらってます!!

この状況を知ってるだけでかなり心に余裕が生まれる

「やっぱりね!そうだよね!」

ってね!

確認その3:どんな人が働いてるの?

どんな人が働いているのか確認することは超重要。

なぜかって?

職場での『自分の心の拠り所』を見つけるためだよ!これ、拠り所があるかないかで心の持ちようが全然変わってくるのね。

ぼくのリゾバ先の旅館で確認したことは、

  • 仲居のリーダー(宴会場を仕切る人。3名くらいいる)
  • 仲居さんの年齢層と人数(男の仲居は0人。基本50〜60代。たまに30〜40代のひともいる)
  • 仕事上関わる可能性のある人(板前さんは基本絡まない。配膳のセッティングをしてくれる人はいる)
  • フロントスタッフ

ってな具合に確認。だいたいの従業員の確認をしました。

何かあった時に自分を守ってくれそうな人を探す。こういう時は超絶な必死さを見せるぼく。

でも、人が多すぎて覚えられないんだけどね!仲居さんで一緒に仕事してる人でも名前5人くらいしか覚えてないんだけどね!

でもね、少なくとも情報を持ってるっていうのは強い。事前に『リーダー』の存在を教えてもらったから、ぼくはリーダーの人に基本ベッタリです。

あ、あとね、もしなんかブツクサ言われてもスルーするのがベスト。気にしないこと。

リーダーはめちゃくちゃ優しいよ!なんかね、いろんなこと気にかけてくれるから!惚れちゃいそう!!

他の仲居さんも、バックヤードスタッフもなんだかんだ言って優しい!

はじめから『キツイこと言われる』っていう認識があるから、ちょっと優しくされると、コロッと手懐けられちゃうのがぼくです。具体的には、

  • お菓子をくれる
  • こまめに休憩させてくれる
  • 面白い話をしてくれる
  • お茶とかジュース買ってくれる
  • 『いつもありがとね』って言ってくれる
  • なんだかんだ頼ってくれる

ってところかな。キツイこと言われてもそれ以上に良くしてもらっているので、意外と人間関係のストレスは感じません。1ヶ月以上働けって言われても、ぼくは働けそうな気がする。

でも、もっと若い人で回転させた方がこれから先の旅館経営にも絶対にいい方向に働くと思うんだけど。どう?

どうせ短期ならさ、

  • 大学生バイト(いい経験になるよ!)
  • フリーターの人(寮もあるし便利だよ!)

を入れて、旅館を若返らせたほうが絶対にいいのにね!

それに、これから先の未来、旅行に来る人って『いまの若い人たち』でしょ?いい待遇で迎え入れなきゃ潜在的な顧客も減っちゃうよ?

それ、わかってやってるのかな?



確認その4:どれくらいの期間でリゾバにくる人が多いの?

旅館の仲居は、仕事を覚えるまでに1ヶ月かかると言われています。

そのため、3ヶ月以上で募集するところが多いみたいですね。(ちなみにぼくが1ヶ月でリゾバに潜入出来たのは『仲居経験者』と思われていたためです)

でも、実質3ヶ月いない人もいるみたいだし、直接雇用だと2週間とかのド短期の人もいるからなんともいえませんね。ぼくと同じところから派遣されてきている内勤の男の人は2ヶ月半の契約みたいです。その後、また違うところに働きに行くようです。

リゾバのいいところは『期間に応じていろんなリゾートで仕事ができる』というところですね!『同じところにずっといる必要はない』っていうのが仕事の経験と幅を広げてくれますね!

※ただし『極める』という点に関しては弱い

ぼくは最長でも『2ヶ月』がおすすめです。そうすれば1年間で6箇所もリゾート楽しめます!

※ただし『収入』の面は保証できない

ぼくは1ヶ月で良かった!だって、もともと雇用されて働くの苦手だから!

でも、社会不適合者のぼくが「キツイ」と言われる旅館の仲居業務できてるので、実際はそんなにキツくないんじゃないかな?「仕事内容がキツイ」って全然思わないんだけどね?

※「仕事に行きたくない」っていう気持ちは毎日持ってます

確認その5:始業前・終業後の時間の使い方は?

『始業前・終業後』の時間の使い方はひとそれぞれ自由です。

旅館の仲居さんの勤務時間は3通りあって

  • 6:00〜9:30
  • 10::00〜15:30
  • 15:00〜21:30

というのが通例みたいです。

※時間は前後する場合があります。その時間の中で『朝・夜勤務』だったり『昼・夜勤務』だったり、ふたつを掛け合わせている人が多いので、時間の空き方も様々。(ぼくは15:00〜21:30のみが基本です)

始業前は

  • テレビを見ている
  • パソコンをカタカタやっている
  • Amazonプライム見てる
  • 出かけている
  • 寝ている
  • 昼食を食べに街へ降りている

っていう人が多いですね。ぼくは勤務前の時間は『パソコンで記事を書く』『コンビニまで歩く』『筋トレ』『Amazonプライム(弱虫ペダル)』っていう感じです。

終業後は、

  • 帰って寝る(次の日はやい人)
  • ご飯を食べる(若い人)
  • 温泉に浸かる(ぼくは毎日)
  • テレビを見る

っていう感じの過ごし方が多いようです。ぼくは『パソコンで記事を書く』『Amazonプライムで弱虫ペダルをみる』というのが現状のルーティーンワークです。

まぁ、自由に過ごしてください!

※弱虫ペダル制作委員会との癒着はありません

確認事項は遠慮せずに聞こうね!!

「こんなこと聞いたら失礼かな…」

とか遠慮してしまうと、自分の首を絞めかねない。確認事項は絶対に遠慮しないこと!じゃないと、あとあと面倒なことになったりするからね。

仕事はひとりじゃなくて『誰か』と一緒にするものなので、その『誰か』とスムーズに仕事ができるように環境を整備しておくのは大事なこと。

相手に「この仕事ができないなんて聞いてないんだけど…」

と思わせてしまってもうまくいかないですし、

自分が「その仕事やれって言われても、やり方知らないんだけど…なんで高圧的なの?」

って思ってしまっても面白くありません。

  • 自分のできることは何か?
  • いままでの経験は?
  • 求められている仕事は?
  • どうやったらうまく働けるか?

ぜひ、ぼくの確認事項の例を参考に、たのしいリゾバ生活を送ってください!リゾバ、観光もできるし、結構楽しいですよ!!ぼくはおすすめです。

次は、【勤務開始編】です。実際の出勤日と休日の確認の仕方に関してのレポートになります。

関連記事:【勤務開始!】必ず確認!『出勤日シフト』はどうやって確認するの?



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする