【おすすめイベント紹介】小学生時代に戻れるかな?『鎌倉の古民家で「大人の夏休み」』に参加します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

※こちらのイベントは2017/0730に終了しました

イベント報告はこちらから!

関連記事:『夏休みって楽しい!』鎌倉古民家イベントで童心に返ってきました!!

イベントブロガー『リクさん(@arco_riku )』主催のイベント『鎌倉の古民家で「大人の夏休み」交流イベント』の紹介です。

詳細はこちらから!:7/30(日)友達ができる!鎌倉の古民家で「大人の夏休み」交流イベント

セミの声が響きわたる森、駄菓子屋で引いたくじ、半ドンで帰って友達の家でゲームした土曜日。

眠いけどがんばって早朝ラジオ体操に行き、宿題をすませた夏の朝。

おじいちゃんおばあちゃん家に行って裏の山で虫取りや肝試し。

もう二度と戻れないあの頃の夏休み、鎌倉で再現しませんか?

さて今年の夏も鎌倉の古民家を貸し切り、友達作りのわいわい交流イベントをやりますので参加者を募集します!

7/30(日)友達ができる!鎌倉の古民家で「大人の夏休み」交流イベント

このイベント情報を見た時、自然と自分自身の『夏休みの思い出』を振り返ってました。

ここからは、イベントの内容ではなくぼくの思い出話がはじまります。

【懐古】夏休みの思い出…それは少年野球の夏合宿

小学生時代の夏休みの思い出…。振り返ってみた時に一番はじめに頭をよぎったのは、おばあちゃんの家に行ったことでもなく、家族で海に行ったことでもなく、少年野球の夏合宿でした。

2泊3日の合宿で、山梨県にある道志村ってところに監督とかコーチの車に乗って行って、午前中も午後も野球。練習・紅白戦・練習試合、小学生のぼくは本気でプロ野球選手になることを夢見て野球三昧でした。(でも、中学入ってテニス部に入部してるっていうね。神速の鞍替え)

初日は、お昼頃に到着してカレー食べてから練習。2日目は午前中は練習で、午後は練習試合か紅白戦。3日目は午前中に練習か紅白戦やって、午後は川でバーベキュー。魚のつかみ取りとか、川に飛び込んだりとか、なんか楽しかった記憶があります。あっ、夜は花火(手持ち)やったりしました。3日目の最後は『道志の湯』っていう温泉に入って帰る。小学生たちは全員車で寝ちゃうよね。全力で野球やって、全力で遊んでるから。そんな感じの合宿。

これがまたきついんですよ。当時のぼくはちっちゃくてぽっちゃり。運動神経も悪いし、鈍足。夏の暑さにやられながら、なんとか踏ん張って食らいついてる感じでしたけど、チームのメンバーと一緒に寝泊まりして野球やって。あの頃は感じなかったけど、ものすごく充実してたんだろうなぁ。

小学5年の時に入った野球チームだったので、合宿に参加したのは2回。5年と6年のとき。5年の時は全然試合にも出られないヘッポコだったんですけど、6年になってからはレギュラーで試合に出させてもらってました。試合に出られるって楽しいよね!(6年が8人だったからレギュラーになれただけかもしれないけどね)

合宿は『光荘』っていう古民家で雑魚寝スタイルでした

合宿の寝泊まりしてた民宿(?)なんですが、『光荘』っていう古民家だったんです。(確か光荘っていう名前だったはず)藁葺き屋根の古民家で、大広間があって、そこに布団を敷いて全員で雑魚寝するスタイルで。(検索したら出てくるかなって思ったら、なんか建物変わってて古民家じゃなくなってた…)

小・中学生の時って、キャンプとか修学旅行も大部屋雑魚寝スタイルだから、当時は当たり前のように感じてたけど、大人になるとなかなか雑魚寝スタイルって機会がないんですよね。高校の修学旅行も1部屋2名のホテルとかだったし、雑魚寝スタイルって自分自身で求めなきゃなかなか味わえない。子供の時って貴重な体験をたくさんさせてもらってたんだなぁ。

朝は6時だったか7時だったか、覚えてないけど早起きしてみんなでランニングから1日スタート。朝ごはん食べて、ユニフォームに着替えてグラウンドへ。1日が終わっておふろ入るまでずっとユニフォーム。汗だくで泥だらけの、ね。

小学生の時ってなんでも『面白い!』って笑ってませんでした?

全員に当てはまるのかどうかはわかりませんが、小学生の時ってなんでも『面白い!』って笑ってませんでした?

合宿の野球の練習メニューとか、実はほとんど覚えてなくて、送りバントが苦手で延々バントの練習してミスしたら外周を繰り返してた記憶はあるんですけど…。ミスって走らされてるのに、なんか面白くて笑ってた記憶があります。

「また走ってるよ〜!」

なんて言われながら、みんなで笑ってました。これ、笑ってなかったらとっくにぶっ倒れてるレベルなんですけどね。炎天下だし。笑えたから頑張れたっていうのかな。

あ、あと強烈に覚えてるのが、なんでかわからないけど『朝、みんなでユニフォームに着替える時の爆笑』ですね。

いま思い出しても、何が面白かったのかまったくわかりません。何が誰のツボに入ったのかまったくわかりません。着替えてるだけなのに、なぜか爆笑。それもみんなで。あれ、なんだったんだろ?何が楽しかったんだろ?

ユニフォームの着替えかたとか個人個人で違くて面白かったのかもしれない。当時なぜか大流行した『いいとも!』のオープニング、「お昼休みはウキウキウォッチング♪」の替え歌を歌いながら着替えてたのが面白かったのかもしれない。

全然、思い出せない…。

でもいいんです。なんか面白かったんです。みんなと一緒に朝起きて、ご飯食べて、野球しに行くのが楽しかったんです。たぶん。

なんせ、みんなでおふろにはいるだけでも大爆笑でしたからね。

純粋、混ざりっ気なしで楽しかった。

『鎌倉の古民家で「大人の夏休み」』に同じ雰囲気を感じたんです

『古民家』っていうところに同じ雰囲気を感じたのかもしれないし、『もう戻れないあの頃の夏休み』っていうワードに心惹かれたのかもしれない。(そういえば、9月に『ニドナツ』が公開になりますね!)

ぼく自身の感情がどこで動いたのかは具体的に話せませんが、感覚で「これは参加したい…!」って思ったんですよね。うん、感覚。

ふと思い出した時に一番に頭に浮かぶ『あの頃の夏の記憶』って誰にでもあるんじゃないかな?。それが楽しかったことなのか、悲しかったことなのか、二度と思い出したくない辛いことなのか、それは自分自身しか知る由もありませんが。

もし、この記事を読んでくれているあなたが、

「あー!わかる!!なんか懐かしさ感じる!」

って少しでも思ってくれて、あなた自身の『夏の思い出』に浸ってくれたら嬉しく思います。

「楽しそうだけど…」少しでも興味を持った方はぜひイベント案内をみてください!

ぼくは、今回のイベントの概要すべてを知ってるわけではありません。どんなドラマが待っているのか、知る由もありません。

ただ、ひとつ。あの頃も『何があるのかわからない』状態で合宿に参加して、楽しい思い出が作れた。20年も前の話なのに、こうして記事にすることができる思い出。

もしかしたら…30年後、60歳を超えた時に、今回のリクさんのイベントをふと思い出して、

「30歳過ぎてからアクティブに活動したよなぁ…そういえば、あの時子供の頃を思い出す古民家イベントに参加したなぁ…大人になっても子供のように無邪気に楽しめたよなぁ…」

なんて思い出すかもしれません。(きっと60歳になったぼくは心と体がうまく繋がらなくなってて、「心だけが先行してもどかしい…体よ、なぜ動かない…!」とかぼやいてるんでしょうけど)

少しでも興味があったら、ぜひリクさんのイベント案内をチェックしてみてください!昨年のイベントの様子も見ることができますよ(^ ^)

イベント詳細:7/30(日)友達ができる!鎌倉の古民家で「大人の夏休み」交流イベント

「おとなの夏休み2017」詳細

  • 【日時】2017/7/30(日) 13:00~16:00 ※遅刻早退自由。
  • 【場所】神奈川県鎌倉市 ※詳細は参加者のみ連絡
  • 【参加資格】自らの言動に責任を持てる20歳以上の方限定
  • 【費用】4000円 ※遅刻早退は自由ですが、料金は変わりませんのでご了承ください。
  • 【人数】10名~20名程度を想定。全員の顔が見えるよう少人数限定
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする